NEW

JRA福永祐一が口にした「不安」を入手。皐月賞(G1)ワグネリアンは弥生賞時ですでに「ピーク」だった?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA福永祐一が口にした「不安」を入手。皐月賞(G1)ワグネリアンは弥生賞時ですでに「ピーク」だった?の画像1

 15日に開催される皐月賞(G1)。大本命視されていたダノンプレミアムが回避となり一転混戦模様となった今年の中山決戦だが、それでも上位人気馬は多少なりともオッズ的に抜けるかもしれない。

 スプリングS覇者のステルヴィオ、未知の魅力とG1ハンターM.デムーロ鞍上で注目されるキタノコマンドールとともに、1人気を争うことになりそうなのがワグネリアン(牡3 栗東・友道厩舎)だ。

 ここまで4戦3勝2着1回と世代トップクラスの実力を示しているワグネリアン。デビュー当初から「怪物」として評価を受けていたものの、前走の弥生賞(G2)で2歳王者ダノンプレミアムに完敗。本番に向けての試走という位置づけの走りにも見えたが、勝ち馬から完全に離され、ジャンダルムを最後の最後で交わし切った内容には不満も多かった。

 とはいえ前哨戦は前哨戦。本番ではさらに仕上がった姿で登場し、「王者不在」の皐月賞を一刀両断するのではないか......そう思っているファンも少なくはないはずだ。

 しかし、ここへきてワグネリアンに関する「不穏」な情報が、関係者から入ってきた。問題となるのは、弥生賞時に福永祐一騎手が語ったことだという。

「弥生賞時、福永騎手は『体もテンションも仕上がり切ってる』と語ったようです。そして『次に上積みが期待できるか半信半疑』ともコメントしていたようなんなんですよ。つまり弥生賞での姿がワグネリアンの"MAX"ということ......もともと完成度は高い馬ですからね。

JRA福永祐一が口にした「不安」を入手。皐月賞(G1)ワグネリアンは弥生賞時ですでに「ピーク」だった?のページです。GJは、競馬、JRAワグネリアン皐月賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!