NEW

ハリルホジッチ「スポンサー問題」で解任か......選手の謀反などウラにある"5つの噂"と崩壊の日本サッカー

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハリルホジッチ「スポンサー問題」で解任か......選手の謀反などウラにある5つの噂と崩壊の日本サッカーの画像1

 ドーハの悲劇、キングカズ落選などに続き、長きにわたるサッカー日本代表の歴史に、新たな悲劇の1ページが刻まれた。ワールドカップ・ロシア大会開幕を2ヶ月後に控える9日、ハリルホジッチ監督の解任が発表された。代表生き残りを懸けた選手同士のサバイバルに注目が集まるなか、ハリルホジッチに届けられた落選通知。日本サッカー界はいま、大きく揺れている。

 電撃解任に対して、賛否は真っ二つに分かれている状況だ。3月のベルギー遠征で行われたマリ戦・ウクライナ戦で勝利することができず、チーム状況を懸念する声も挙がっていた。ただ、言ってもいままで世界各国の代表監督を務め、日本代表を6度目のワールドカップ出場へと導いた名将。"魔術師"の異名をとる策士の頭には、本大会を勝ち抜くためのプランがあったはず。そんななかでの日本サッカー界の功労者への突然のクビ通告。世紀のちゃぶ台返しにハリルホジッチは激怒、代表関係者も「本大会を捨てたも同然」と呆れ顔だ。

 それでは、なぜこのような解任騒動が起こったのか。ハリルホジッチの解任について、日本サッカー協会は「選手たちとのコミュニケーションが薄れていた」と発表したが、果たして解任理由はそれだけなのだろうか。さまざまな憶測が飛ぶ解任理由。よく聞こえてくる5つを取り上げてみた。

 まず、先に挙げた「選手とのコミュニケーション不足」。公式発表されている理由で嘘ではないのだろう。ハリルホジッチ監督と言えば、歯に衣着せぬ物言いで衝突もいとわぬ姿勢が印象的な監督である。しかし、コミュニケーションは1人では成り立たない。コミュニケーションが十分でないと言うならば、監督、選手共に改善しなければいけないことがあったのではなだろうか。これが理由のすべてと言い切るには、いささか疑問が残る。

 それでは「成績不振」という理由はどうか。ベルギー遠征でW杯に出場しないチームを相手に内容が良いとは言えない試合に終始。W杯本戦に不安を残す結果となってしまった。しかし、日本サッカー協会の会見で「試合の勝ち負けだけで監督を更迭するわけではない」と否定をされているため、成績不振による解任とは考えにくい。

 ここまでは、監督解任時に考えられる王道の要因。それ以外となると、アウトローな理由も勘ぐりたくなる。意外や意外、「選手からの解任要請」があったのか。先述のコミュニケーション不足と成績不振から、選手らの監督への不信感が高まっていた可能性は大いにある。選手と監督の間に溝ができていたというのは理解できるが、解任要請が本当にあったのかどうかは確かめられていない。

ハリルホジッチ「スポンサー問題」で解任か......選手の謀反などウラにある"5つの噂"と崩壊の日本サッカーのページです。GJは、スポーツ、スポンサーハリルホジッチ日本代表の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!