NEW

JRA女傑アーモンドアイ「日本ダービー」挑戦も現実味か......大混戦牡馬クラシックに一石?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA女傑アーモンドアイ「日本ダービー」挑戦も現実味か......大混戦牡馬クラシックに一石?の画像1

 15日に開催されたクラシック初戦・皐月賞(G1)は、7人気エポカドーロが好位からの抜け出しで勝利。上位人気は軒並み馬券圏外となり、3連単は372,080円を記録。今年もまた「荒れる皐月賞」となった。

 3頭が一気の逃げで縦長の展開を作るも、4番手以降は平均の流れの中、位置取りが結果に大きな影響を与えるレースとなってしまった。なかなかに評価しづらいレースになってしまったといえるだろう。回避した2歳王者ダノンプレミアムがいたらどうなっていたか、毎日杯圧勝ブラストワンピースや、青葉賞組の動向によっていかようにでも日本ダービーのオッズが変わりそうだ。

 そんな大混迷の牡馬クラシックに、もし本当に「この馬」が出ることになれば、その状況に一石を投じることになるかもしれない。

 それが、先日の牝馬クラシック・桜花賞(G1)を圧勝したアーモンドアイ(牝3 美浦・国枝厩舎)だ。

「すでに"女傑"といわれるのも納得でしょう。桜花賞は無敗の2歳女王ラッキーライラックや強豪リリーノーブルらを後方大外一気の末脚であっという間に捉え完勝。ここまで無敵を誇ったラッキーライラックがほぼ完璧なレースを見せたにもかかわらず、ムチも使わずに2位に1秒差をつける上がり33.2秒で1馬身3/4差。すでに同世代牝馬には敵なしの状況です。

JRA女傑アーモンドアイ「日本ダービー」挑戦も現実味か......大混戦牡馬クラシックに一石?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、アーモンドアイクラシック日本ダービーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!