NEW

JRA菱田裕二騎手「騎乗自粛」の理由......2012年関西新人王が、まさかの失態で師匠から大目玉「勝負の1週間」あわや......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA菱田裕二騎手「騎乗自粛」の理由......2012年関西新人王が、まさかの失態で師匠から大目玉「勝負の1週間」あわや......の画像1

 波乱の結果に終わった皐月賞(G1)で戸崎圭太騎手が2016年のヴィクトリアマイル(G1)以来、約2年ぶりのG1制覇を成し遂げた一方、ある若手騎手に不可解な出来事があった。

 その若手とは栗東・岡田稲男所属の菱田裕二騎手。実は先週の乗鞍が「ゼロ」であり、土日共にまったくレースに騎乗していなかったのだ。

 一体何があったのか......JRAの公式ホームページ上では特に何も発表されておらず、大きなケガを負ったという情報もない。「まさか、干されたのでは......」とも考えたが、苦戦が目立つ若手の中では「乗れる」と評判高い菱田騎手である。そんなわけがないと即座に思い直す。

 実際に、菱田騎手は最後に騎乗した先々週は20鞍に騎乗。8日の日曜日には、中山競馬場で12レースすべてに騎乗するほど需要のある騎手だ。乗り替わりの激しい昨今とはいえ、20鞍がいきなり「0」になることは、それ相応の理由がないと起こり得ない。

 いよいよきな臭くなって関係者に話を聞いたところ、どうやら菱田騎手自身から「騎乗を自粛した」というから穏やかではない。

 というのも、昨年の8月には菊沢一樹騎手が当時未成年にもかかわらず、飲酒したとして約1カ月の騎乗停止処分を受けたことで、同席していた藤田菜七子騎手が騎乗を自粛する事態に発展した経緯がある。そんな出来事があっただけに、SNS上などで心配しているファンの声も少なくない。

JRA菱田裕二騎手「騎乗自粛」の理由......2012年関西新人王が、まさかの失態で師匠から大目玉「勝負の1週間」あわや......のページです。GJは、競馬、JRA菱田裕二騎乗自粛の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!