NEW

アーモンドアイ「ダービーに出たら勝つ」から「オークス」選択!? ノーザン側の「メリット」を考えれば当然か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アーモンドアイ「ダービーに出たら勝つ」から「オークス」選択!? ノーザン側の「メリット」を考えれば当然かの画像1

 先日の牝馬クラシック一冠・桜花賞(G1)を圧巻の末脚で制したアーモンドアイ(牝3 美浦・国枝栄厩舎)が、次走をオークス(G1)とすることがわかった。

 無敗の2歳女王ラッキーライラックら強豪を大外からあっという間に交わした内容は、競馬ファンの度肝を抜いた。上がり最速33.2秒は2位と1秒差であり、数字の面でもアーモンドアイがいかに飛び抜けた能力を有しているかはわかる。牝馬二冠に向かうのは"当然"といえるだろう。

 ただ、一部では「日本ダービー(G1)」への出走も期待されていたのは事実だ。一部報道で国枝調教師が「ダービー参戦を熱望」という情報があり、本人も取材でそう応えていた。確かに同世代に敵なしを証明したあのレースぶりを見てしまうと、そんな思いを抱いても不思議ではない。

 ただ、あくまでもローテーションを決定するのは所有するシルクレーシングと生産ノーザンファームの「社台グループ」。オーナーサイドは最終的に「オークス」を選んだわけだ。

「桜花賞の走りを見る限り、オークス・ダービーの2400mも問題はなさそうですね。今年の日本ダービーには、同じシルクの大物ブラストワンピースが出走を予定しています。毎日杯を圧勝した内容などから大きな期待がかけられており、ここで同じく大器であるアーモンドアイと『バッティング』はさせない、という論調は以前からありました。

国枝調教師としては少々残念かもしれませんが、社台の『使い分け』はよくある話ですから。追加登録料もかかりますしね」(現場記者)

 牝馬三冠をアパパネで制しているものの、これまで牡馬クラシックとは縁がなかった国枝調教師。アーモンドアイにその夢を見たのかもしれないが、今回はお預けとなった。すでに気持ちは切り替わっているという情報もある。

 また、今回の選択には、社台グループの「事情」もあるかもしれない。

アーモンドアイ「ダービーに出たら勝つ」から「オークス」選択!? ノーザン側の「メリット」を考えれば当然かのページです。GJは、競馬、アーモンドアイオークス日本ダービーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!