NEW

パチンコ『北斗の拳』最新作が登場! 「最新情報」に期待も深まる「疑惑」......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ『北斗の拳』最新作が登場! 「最新情報」に期待も深まる「疑惑」......の画像1

 業界を牽引するビッグコンテンツ『北斗の拳』(サミー)が、2018年を大いに盛り上げていることは間違いない。

 5月には『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.』がデビュー予定。ボーナスループの期待感を極限まで追及した「GRTタイプ」の第2弾ということもあり、注目は日に日に高まっている状況だ。

 パチンコ分野においても、シリーズのスピンオフ作品『北斗無双』最新作が検定を通過。2016年の登場から高稼働を続ける作品ということもあり、最新作の登場に歓喜するユーザーは多い。

 そんな『北斗の拳』シリーズといえば、右打ち「ALL2400発」で快進撃を見せた『CR北斗の拳7 転生』の続編が適合したと言われている。そんな本機に対する「新たな情報」が熱視線を浴びているようだ。

「やはり『北斗の拳』というコンテンツは強いですよ。パチンコのコアユーザー層はドンピシャの漫画(アニメ)ですからね。近年は厳しい意見が目立ちますが、今なおファンは多いです。特にパチンコへの評価は、まだまだ高い印象ですよ。

しかし、スペック次第であることは間違いありません。前作『北斗7』の基準内で最大限まで尖らせた性能は、多くのユーザーに敬遠されてしまいましたからね。その点を、どのように修正してくるかに注目が集まっていたわけですが......。

『仕事人Vを想起させるスペック』との情報があり、残念に感じている方が多いようです。マイルドで前作の尖りすぎた部分はないようですが、やはり『北斗の拳』といえば"出玉感"ですからね。『北斗らしさが感じられない』との声が出ています」(パチンコライター)

 確かに『北斗の拳』の魅力を語るうえで"出玉感"は外すことができない。大量の出玉が高速で消化されていくために、払い出しが追いつかず「大当たりが終わっても玉が出続ける」という快感を味わえるのが、これまでのパチンコ『北斗の拳』だった。

 現在の規制において出玉感を失うことは仕方がないことだが、納得できないユーザーがいることは確かだ。その不満を解消すべく、各メーカーも尽力しているわけだが......。

 今回の『北斗の拳』新作にも、当然ながら「対応策」があるようだ。

パチンコ『北斗の拳』最新作が登場! 「最新情報」に期待も深まる「疑惑」......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ北斗北斗の拳の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!