NEW

JRA「新マイル王」へ良血モズアスコット「目覚め」の時? 過去2戦敗退の「理由」とルメールの「狙い」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「新マイル王」へ良血モズアスコット「目覚め」の時? 過去2戦敗退の「理由」とルメールの「狙い」の画像1
モズアスコット(JBISサーチ公式サイトより)

 日本のマイル界はモーリス引退後、絶対的な主役が現れず、牽引するかに見えたサトノアラジンもその後は鳴かず飛ばずで引退してしまった。まさに群雄割拠の争いである。

 その中でも、マイルCS(G1)を3歳で勝ったペルシアンナイトが最有力候補と目されているが、年明けからマイルではないレースで2戦して5着、2着という成績。絶対的王者までの評価にはまだ届いていない。

 まだまだ新星は現れないのか?

 しかし、新たなスターホースになり得る存在が一頭いる。モズアスコット(牡4 栗東・矢作芳人厩舎)だ。今週は京都でマイラーズC(G2)が開催されるが、エアスピネル、サングレーザーも登録しており、モズアスコットにとってはまさにここが試金石だろう。

 モズアスコットの戦績をあらためて振り返ってみると、8戦4勝2着1回。全戦通して掲示板を外したことがない有力4歳馬だ。父がフランケルでもともと期待の高い血統だったが、なかなか体質が強くならず、かなりデビューが遅れた。未勝利脱出も3戦も要したモズアスコット。だが、勝ち上がるとそのまま4連勝してオープン入り。その後、暮れの阪神C(G2)は古馬重賞初挑戦で4着。期待高まる年明け初戦のG3阪急杯は2着。どちらも1番人気で4着、2着では今ひとつ物足りなさが残るが、その重賞2戦には「はっきりとした敗因」があったことがわかる。

 まず阪神C。最後の直線で良い手応えで馬群から抜け出してきたモズアスコット。鞍上のC.デムーロは、同じく馬群から抜け出してきたダンスディレクターの馬体にモズアスコットを併せようとしたところ、その間を蛯名騎乗のイスラボニータが豪快に割って入ってきた。デムーロはモズアスコットの馬体を外へと引き離し、態勢を立て直すロスが発生。そこから慌ててムチを抜くも時すでに遅し。大外突っ込んできたサングレーザーにも交わされてしまい4着に。しかし、3歳で古馬重賞初挑戦ながら見どころ十分の惜しいレースであると同時に、古馬を相手にしても通用することがわかった。

 続く年明け初戦の阪急杯。レースは外枠17番ゲートからのスタートで前へ出して行ったが、掛かることを嫌ってか、鞍上C.ルメールは抑え気味に中団よりもやや後方で追走。直線でバラけてから追い出すも武騎乗のダイアナヘイローに逃げ切られ、豪快に追い込むもクビ差の2着。あと一歩及ばなかった。だが、ジリジリと加速した末脚で3着レッドファルクスの追撃はしのいでみせた。

JRA「新マイル王」へ良血モズアスコット「目覚め」の時? 過去2戦敗退の「理由」とルメールの「狙い」のページです。GJは、競馬、マイラーズCモズアスコットルメールの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!