NEW

ディープインパクト「豪州移籍」も!? 25連勝中の世界最強牝馬ウィンクスの母が交配予定!「日本の至宝」が豪州で大人気な理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディープインパクト「豪州移籍」も!? 25連勝中の世界最強牝馬ウィンクスの母が交配予定!「日本の至宝」が豪州で大人気な理由の画像1

 先日、豪ニューサウスウェールズ州シドニーのランドウィック競馬場で行われたクイーンエリザベスS(G1)を圧勝し、連勝記録を25に伸ばした豪州の歴史的名牝ウィンクス。これで約3年間、無敗街道を突っ走っているウィンクスは今回で18度目のG1制覇。昨年の凱旋門賞馬エネイブルと並んで世界最強牝馬の座に君臨し続けている。

 実はその母ヴェガスショーガールの今年の配合相手として、日本のディープインパクトが最有力候補として挙がっているようだ。

『netkeiba.com』で連載中の「ヴィクトリア競馬便り」によると、ヴェガスショーガールは豪州の生産シーズンに合わせて日本に渡り、ディープインパクトが交配される予定。受胎確認後に帰国し、豪州で出産を迎えることになりそうだ。

 近年、日本では「不振」が囁かれ始めている種牡馬ディープインパクト。実際に今年になって、すでに5つの平地G1が開催されたが産駒の勝利はなし。さらに昨年まで遡っても、春こそ皐月賞(G1)をアルアインが、安田記念(G1)をサトノアラジンが勝ったが、秋のG1戦線ではダノンプレミアムによる朝日杯フューチュリティスS(G1)の1勝のみに終わっている。

 今年から種付け料を4000万円に設定し、世界最高額に躍り出ているディープインパクトだが、その超良血の産駒たちが思うような活躍が出来ていないのが現状。昨年の新種牡馬オルフェーヴル、ロードカナロア、さらにはハーツクライやハービンジャーといったライバル種牡馬の台頭は凄まじく、No.1の座が揺らぎかねない事態を迎えていると述べても言い過ぎではないだろう。

 ただ、そんな日本の競馬事情はどこ吹く風。地球の反対側の豪州では、ここに来て種牡馬ディープインパクトが大きな注目を集めているようだ。

ディープインパクト「豪州移籍」も!? 25連勝中の世界最強牝馬ウィンクスの母が交配予定!「日本の至宝」が豪州で大人気な理由のページです。GJは、競馬、ウィンクスディープインパクト豪州の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!