NEW

JRA川田将雅騎手「絶好位」から、まさかのドン詰まり......2番人気オーヴィレール「無抵抗」12着大敗に批判殺到

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA川田将雅騎手「絶好位」から、まさかのドン詰まり......2番人気オーヴィレール「無抵抗」12着大敗に批判殺到の画像1

 21日に京都競馬場で行われた彦根S(1600万下)は、藤岡佑介騎乗の5番人気ナガラフラワー(牝6歳、栗東・高橋亮厩舎)が勝利。藤岡騎手は最終レースも連勝して、この日3勝。リーディング争いのトップ10入りを果たすなど、好調を保っている。

 その一方で、レース後に思わず天を仰いだのが、2番人気のオーヴィレールに騎乗していた川田将雅騎手だ。

 18頭立てで行われた彦根Sは、スプリント戦らしく序盤から激しい流れ。2枠4番という好枠だったオーヴィレールは好スタートを決めると、前に行きたい馬を行かせる形ですんなりと好位のインという絶好のポジションを確保した。

 スマートグレイスが果敢に飛ばしたものの、最後の直線を迎えるころにはリードがなくなる。2番手には、逃げ馬を交わして先頭に躍り出ようとするニシオボヌールとスノーエンジェル。川田騎手とオーヴィレールは、そのすぐ後ろで最後の直線を迎えていた。

 そのまま抜群の手応えで内に切れ込んだオーヴィレール。脚色十分で完全に勝ちパターンかに思われたが......。

「道を開けてやれなくて申し訳ない......」

 前に逃げたスマートグレイス、すぐ外側には逃げ馬を交わそうにも手応えの怪しくなったニシオボヌール、そして内側には埒......。そのポケット地点に突っ込んだオーヴィレールは完全に行き場を失い、川田騎手も思わず腰を浮かせた。

JRA川田将雅騎手「絶好位」から、まさかのドン詰まり......2番人気オーヴィレール「無抵抗」12着大敗に批判殺到のページです。GJは、競馬、JRA川田将雅詰まるの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!