NEW

パチスロ「最高峰スペック」が登場?も絶望の声多数...... 3年間「不作続き」低迷メーカー"爆裂性能"のウワサ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「最高峰スペック」が登場?も絶望の声多数...... 3年間「不作続き」低迷メーカー爆裂性能のウワサの画像1


 出玉規制にとらわれず、遊びやすさが追求された「RT機」の爆裂スペックが、大きな話題を集めている昨今。

 現在登場が噂されている新台『トータルイクリプス』は、RTスペック屈指の"荒波仕様"と囁かれており、その荒さはAT機に匹敵する性能のようだ。

 その他、先日ロングPVが公開された『ゴッド』シリーズのスピンオフ機『アナターのワイフ ゆるせぽね』は、前代未聞のRT「700G」を搭載。どちらも一撃出玉に期待できる仕様といえる。

 このように「RTスペック」がトレンドになりつつある最大の要因は、「指示機能(アシスト)」が「最大1500G」となる「5.9号機」ART特有の「出玉規制」の影響が大きい。獲得出玉に制限が設けられている以上、射幸性を求めるユーザーから敬遠されてしまうのは当然である。

 だがそんななか、5.9号機「最高峰の上乗せ性能」を搭載した、と囁かれる新機種の情報が舞い込んできた。上乗せとなればARTスペック、つまり「出玉リミッター」を搭載せざるを得ない訳だが......。

「山佐からの登場予定の『学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド』ですね。3月に検定通過したことが明らかになっていましたが、一部関係者から『ゲーム数上乗せタイプのスペック』であることが話題になっています。それも『5.9号機』屈指の性能だとか。

とはいえ、ART機となれば『出玉リミッター』がありますからね。『最高峰の上乗せ』というワードに惹かれるユーザーは少ないでしょう......」(記者)

 獲得出玉に制限が掛かる以上、悲観的な声が目立つのは当然だろう。いくら「上乗せ性能」が高いとはいえ、それを「5.9号機」で搭載すること自体に無理があるのではないか。

パチスロ「最高峰スペック」が登場?も絶望の声多数...... 3年間「不作続き」低迷メーカー"爆裂性能"のウワサのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、ハイスクール・オブ・ザ・デッドパチスロ山佐の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!