NEW

天皇賞・春(G1)「疑惑」シュヴァルグランに異変!? 世界のH.ボウマン招聘で「不動の大本命」のハズが、現場に渦巻く「燃え尽き」の声

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天皇賞・春(G1)「疑惑」シュヴァルグランに異変!? 世界のH.ボウマン招聘で「不動の大本命」のハズが、現場に渦巻く「燃え尽き」の声の画像1

 29日に開催される今年の天皇賞・春(G1)において不動の本命になりそうなのが、昨年のジャパンC(G1)を制したシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 出走馬唯一のG1馬にして、一昨年3着、昨年は2着。互角の勝負を演じてきたのは、歴史的名馬としてターフを去ったキタサンブラックであり「戦ってきた相手が違う」というわけだ。

 それも今回は、昨年のジャパンCでコンビを組んだ世界No.1騎手H.ボウマンを招聘しており、まさに鬼に金棒の状態。大得意の長距離戦でのビッグタイトル獲得に待ったなしといったところだろう。

 したがって本来なら、単勝1倍台の大本命に推されるべき存在だが『netkeiba.com』の事前予想では1番人気ながら単勝3.3倍と、決して抜けたものではない。各メディアも有力候補としながらも、絶対的な存在として報道しているのは少数派で、今年の天皇賞・春は依然、混迷を深めたままだ。

 このような状況を招いている理由は「あまりにも不甲斐なかった」と述べざるを得ない、前走の大阪杯(G1)でのシュヴァルグランのレースぶりだ。

 3歳夏以来となる2000m戦。戦前から距離不足が囁かれていたが、それでも本馬は2400m戦のG1馬として4番人気に支持されていた。

天皇賞・春(G1)「疑惑」シュヴァルグランに異変!? 世界のH.ボウマン招聘で「不動の大本命」のハズが、現場に渦巻く「燃え尽き」の声のページです。GJは、競馬、シュヴァルグランボウマン天皇賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!