NEW

パチンコ「衝撃筐体」が生むデメリットとは...... 「爆音」「強烈光線」にユーザーの不満は最高潮に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「衝撃筐体」が生むデメリットとは...... 「爆音」「強烈光線」にユーザーの不満は最高潮にの画像1

 強まる出玉規制によりゲーム性の幅は狭まり、スペックは著しく低下。また、ユーザーを魅了する映像演出は「3D演出」「導光板」といった多種多様な表現方法がすでに用いられており、スペック面や演出面の進化は見込めない状況だ。

 そうした状況のなか、各メーカーは残る手段として「筐体」開発に注力する動きが多くみられている。

 今年2月にサンセイR&Dは新筐体『ライジングサンセイ』を発表。筐体上部に「リトラクダブル」「ライジングトップギミック」などインパクトある役物を新たに搭載し、これまでにない衝撃的な筐体を作り上げた。

 さらに、来月導入予定の『パチスロFAIRY TAIL』(藤商事)は、液晶画面2枚で構成される「可動式液晶」を初搭載。片一方の液晶画面が筐体から飛び出る仕様で、役物と液晶を一体化するなど前代未聞の仕様となっている。

 このように心揺さぶる「新筐体」でファンを取り込もうとする各メーカー。斬新性のない既存の筐体よりも、目新しさに惹かれるのは自然ではあるが......。

 筐体の進化が弊害を生むことも事実だ。今月20日『遊技通信WEB』が現在問題視されている「遊技機の仕様」について報じている。

「ホール団体『全日遊連』がメーカー組合『日工組』『日電協』に対し、パチンコ・パチスロ機の「音量と光量の調整機能」に関する要望書を提出したそうです。

『全日遊連』が行ったアンケートの結果、パチンコホールに対する不満のひとつに『大きすぎる音』や『眩しすぎる光』が挙げられ、音量の上限を制定する旨を要望したとのこと。

また、すでに各メーカーが実施済の『音量・光量の調整方法』がメーカーによって異なっていることも指摘したようです。

筐体の進化とともに、機械から放たれるBGMやSEはより刺激的になっていますし、役物や筐体に搭載されているランプも同様に目が痛くなるほど。ユーザーの不満が募るのは当然ですよ」(記者)

パチンコ「衝撃筐体」が生むデメリットとは...... 「爆音」「強烈光線」にユーザーの不満は最高潮にのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、サンセイR&Dパチンコ筐体の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!