NEW

JRA全調教師に「無能」疑惑? 欧州ディープインパクト産駒の大活躍に「何故、日本のディープ産駒は欧州で勝てないのか」という疑問再燃

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA全調教師に「無能」疑惑? 欧州ディープインパクト産駒の大活躍に「何故、日本のディープ産駒は欧州で勝てないのか」という疑問再燃の画像1

 先週のNHKマイルC(G1)を産駒のケイアイノーテックが勝利したことによって、日本の競馬界で改めてその偉大な価値を見せつけたディープインパクト。しかし、世界最高額となる4000万円の種付料を誇る「日本競馬の至宝」が、母国以上に存在感を発揮しているのが遥か遠く欧州競馬のクラシック戦線である。

 5日に英国のニューマーケット競馬場で行われた英2000ギニー(G1)を、産駒のサクソンウォリアー(牡3歳、愛・A.オブライエン厩舎)が優勝。これで4戦4勝となり、次走に予定されている英ダービー(G1)では1番人気に支持されることが濃厚だ。さらに牝馬路線でも出走が未定ながら産駒のセプテンバー(牝3歳、愛・A.オブライエン厩舎)が英オークス(G1)で3番人気に支持されるなど、こちらにも注目が集まっている。

 また、8日には仏国のサンクルー競馬場で行われたグレフュール賞(G2)を、産駒のスタディオブマン(牡3歳、仏・P.バリー厩舎)が優勝。前哨戦で3馬身半差の圧勝を飾ったことで、仏ダービー(G1)の最有力候補の一角に浮上している。

 さらに27日に東京競馬場で開催される日本ダービー(G1)には、無敗の2歳王者ダノンプレミアムがスタンバイ。日本だけでなく、世界のクラシックが「ディープインパクト一色」に染まる可能性も現実味を帯びつつある状況だ。

「世界に通用する強い馬づくり」を掲げてジャパンC(G1)を創設した1981年から、今年で37年。この状況は、まさに日本競馬にとって理想的な状況といえるのではないだろうか。世界のクラシック戦線で、日本が誇るディープインパクト産駒が活躍する現状を好意的に受け止めているファンも数多い。

 しかし、そういった中で「1つの素朴な疑問」が生まれ、ネット上でも一部の競馬ファンの間で議論が巻き起こっている。

JRA全調教師に「無能」疑惑? 欧州ディープインパクト産駒の大活躍に「何故、日本のディープ産駒は欧州で勝てないのか」という疑問再燃のページです。GJは、競馬、JRAダービーディープインパクトの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!