>   >   > 
NEW

ヴィクトリアマイル(G1)レッドアヴァンセ「目覚め」の時? 親から受け継ぐ「府中マイル適性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴィクトリアマイル(G1)レッドアヴァンセ「目覚め」の時? 親から受け継ぐ「府中マイル適性」の画像1

 13日に東京競馬場で開催されるヴィクトリアマイル(G1)に出走するレッドアヴァンセ(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)。これまで17戦4勝で重賞勝ちも経験していないが、今回の台風の目となる可能性があるとして密かに注目されている。

 レッドアヴァンセは3歳時にエルフィンS(OP)を勝利してクラシックへ。だが、桜花賞7着、オークス7着、秋華賞5着とイマイチな成績しか残せなかった。翌年からは期待されるも1600万下で凡走を繰り返し、勝ち上がりを決めたのは年の瀬に差し掛かる時期に開催されたユートピアS。一線級と呼ばれるには値しない馬だったことは確かだ。

 しかし、今年の始動戦である阪神牝馬S(G2)でその評価が一変。北村友一騎手を背に11番人気で出走したレッドアヴァンセは好スタートから終始前につけて、逃げるミスパンテールを2番手追走。最後の直線でも驚異的な粘りを見せ、後方から快速を飛ばしてきたリスグラシュー、アドマイヤリードらに先着する2着。勝ち馬のミスパンテールにアタマ差およばなかったものの、タイム差はゼロ。次走に期待が寄せられる走りを見せている。

「レッドアヴァンセの母馬は多くの重賞勝ち馬を輩出してきたエリモピクシー。図抜けた成績を残した仔こそいないものの、マイル路線で活躍したクラレント、レッドアリオン、スプリンターのサトノルパンなど安定した走りを見せる産駒が多い印象があります。

 血統背景からマイル戦は得意と見てもいいでしょう。さらに条件下から勝ち上がりを決めたレースは今回と同様の東京競馬のマイル戦です。得意の舞台で乾坤一擲の走りも期待できるのでは?」(競馬記者)

ヴィクトリアマイル(G1)レッドアヴァンセ「目覚め」の時? 親から受け継ぐ「府中マイル適性」のページです。GJは、競馬、エリモピクシーレッドアヴァンセヴィクトリアマイルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!