NEW

JRA「第二のキタサンブラック」へ!? 北島三郎がロードカナロア産駒を突然購入!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「第二のキタサンブラック」へ!? 北島三郎がロードカナロア産駒を突然購入!?の画像1

「あの時と同じ......」

 2歳馬のトレーニングセール、「千葉サラブレッドセール」が今日5/11に船橋競馬場で開催された。牡30頭、牝33頭の計63頭が上場され、56頭(牡26頭、牝30頭)が取引された。売却率は88.9%と高めで、取引総額8億427万6000円。

 最高取引額は、社台ファーム生産の牡で、ダイワメジャー産駒「カウガールズドントクライの2016」で5,616万円。購入者は、株式会社ドリームファーム。キタノコマンドールなどで話題になった、1口を低額にして多くの馬主を募る制度"バヌーシー"の、あのDMMだ。
ほかにもトーセンの冠名でおなじみの島川隆哉氏も来場されていて、牝馬の最高取引額3,564万円でオルフェーヴル産駒「クォリティシーズンの2016」を購入していた。

 そんな活況の会場の中に、去年までキタサンブラックのオーナーとして話題を作ってきた演歌歌手・北島三郎オーナーもいた。この日は購入予定はなく、会場を訪れてこのトレーニングセールに華を添えていたのだ。

 突然、北島三郎オーナーが動いたのが、社台ファームから上場されたロードカナロア産駒「アルテシアの2016」(牡)が出てきた時だった。

「なぜかこの時だけ、馬の顔をジーッと見ていて、突然セリに参加し始めたという話ですよ。なんか感じるものがあったんでしょうね」(競馬ライター)

 何人かでセリはスタートしたが、北島三郎オーナーの大野商事は下りる気配はなく、最後は4,200万円で競り落とした。

「いい馬を購入できましたね。公開調教はラスト1ハロン11秒2と好タイム。でも、北島オーナーは、調教もタイムも見てないんじゃないですかね」(同ライター)

JRA「第二のキタサンブラック」へ!? 北島三郎がロードカナロア産駒を突然購入!?のページです。GJは、競馬、JRAキタサンブラック北島三郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!