NEW

国分太一「アメフト殺人タックル」騒動を「事故」発言で批判!? 「表現」の難しさで......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国分太一「アメフト殺人タックル」騒動を「事故」発言で批判!? 「表現」の難しさで......の画像1

 今世間を騒がせている日大アメフト「タックル問題」。関学大との試合で、ボールを持っていない無防備な選手を思い切りタックルしたとして、世間から大きな批判にさらされている。

 すでに内田正人監督を厳重注意処分としているが、公の場での謝罪はなし。事実関係もまだ曖昧ということで、協会への批判も増大している状況だ。

「あからさま過ぎる映像に呆れる他なく、非常に危険なのが一目瞭然。監督が表に出て謝罪しないという逃げ腰っぷりが、いかに腐っているかがわかるというものです。これだけ騒がれるのも当然といえるでしょう」(記者)

 あまりにも悪質な行為。「なぜ起こってしまったのか」を徹底的に究明する必要があるだろう。「監督の指示」「以前の試合での報復」などさまざまな意見があるが......。

 テレビ番組でもそれぞれコメンテーターが意見を述べているが、「?」という意見をしてしまったのがTOKIOの国分太一だ。

「15日の『ビビット!』(TBS系)で、国分はアメフトの映像とスタジオでの実演を見た上で『油断したときに食らうタックルは"事故"』と語ったんです。千原ジュニアが『原付追突事故』と表現し、真矢みきが国分の後に『交通事故ですね』とかぶせたのでその意味だったのかもしれませんが、これに対し疑問の声が殺到。

『いやいや事故じゃなくて事件だから』『傷害事件だろ』とツッコまれてしまいました。あくまでも『衝撃』の話ではありましたが、表現というのは難しいですね」(同)

 世間としても今回の出来事には怒りを禁じ得ないということだろう。国分としては少々気の毒な話ではある。

国分太一「アメフト殺人タックル」騒動を「事故」発言で批判!? 「表現」の難しさで......のページです。GJは、エンタメ、アメフトタックル国分太一の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!