NEW

JRA藤田菜七子「社台系干される」可能性も......一口馬主「他の減量騎手に......」発言

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子「社台系干される」可能性も......一口馬主「他の減量騎手に......」発言の画像1

 JRA所属で唯一の現役女性騎手・藤田菜七子。レース開催の前にはその週の騎乗馬の情報がスポーツ各紙に掲載され、ひとつでも勝利をあげようものならば華々しく報道される。今や競馬界の顔役である武豊騎手以上に、一挙手一投足まで注目されている存在だ。

 しかし、菜七子騎手はデビュー当時から人気、話題性が先行しており、注目度の高さに比べて騎乗成績が伴っていないとはよく言われていた。物珍しさで騎乗馬が集まっていたという側面は、誰も否定できないだろう。

 今年からエージェントを変更したことで馬質が向上して成績も上向き、そのような状況も改善されると思われていたのだが......。菜七子騎手には未だに予断を許さない深刻な状況が続いているという。現場記者の話。

「菜七子騎手は負け方が悪いんだよね。下位人気の馬で上位に進出すれば騎手の手腕も評価されるけど、彼女は逆。人気している馬を下位に沈めることが多いのが最近。昨年とは違い社台グループ系の馬に騎乗することも珍しくなくなったけど、その上で悪い負け方を繰り返しているので"先方"の心象を悪くしているみたいだ」

 先週、菜七子騎手は12鞍に騎乗。その週もご多分に漏れず、社台グループの馬への騎乗があった。だが勝利をあげることはできず、それどころか社台系で2番人気に支持されていた馬に2度も騎乗するも、それぞれ5着、8着とイマイチな結果に終わっている。

JRA藤田菜七子「社台系干される」可能性も......一口馬主「他の減量騎手に......」発言のページです。GJは、競馬、JRA社台グループ藤田菜七子の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!