NEW

JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎の画像1

 今年の3歳牝馬の頂点を決める一戦、第79回オークス。5月20日(日)に東京競馬場で開催されるこのレースで、乾坤一擲の走りが期待されるのがトーセンブレス(美浦・加藤征弘厩舎)だ。

 昨年の9月の新馬戦以来、勝利から遠ざかっているものの、阪神ジュベナイルF(G1)4着、フラワーカップ(G3)2着、桜花賞(G1)でも4着と重賞戦線で好走。NHKマイルC(G1)に出走する意向も示唆されていたが、陣営は樫の女王を目指すことに決めたようだ。

「前走の桜花賞では勝ち馬のアーモンドアイに次ぐ、ハロン34秒2の末脚を発揮。このほかにもレースでは切れ味鋭い脚を武器に好走を続けています。東京競馬場は昨年のアルテミスS(G3)以来です。このときは、他馬がスパートをかけた際に即座に反応することができずに敗退。若さを露呈させました。

 ですが、後方から競馬をするトーセンブレスにとって長く広い直線がある東京競馬場は向いているコース。アルテミスSのときよりも成長を遂げているようですし、展開がハマりさえすれば一撃も夢ではないですよ」(競馬誌ライター)

 そのトーセンブレスは美浦のWコースで最終追い切り。単走で5ハロン84秒0-12秒9を馬なりで記録している。加藤調教師は「東スポ」の取材に対して気持ちを乗せ過ぎないようにしたといい「リラックスしていて落ち着き」があったと振り返り、「いいストライド(の走り)でした」とご満悦だったという。

JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎のページです。GJは、競馬、オークストーセンブレス柴田善臣の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!