NEW

JRAファン「悲願」ウオッカ×ディープインパクトついに実現か......「遅すぎる」意見多数も谷水オーナーの「思い」が

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAファン「悲願」ウオッカ×ディープインパクトついに実現か......「遅すぎる」意見多数も谷水オーナーの「思い」がの画像1

 27日(日)に行なわれる日本ダービー(G1)。いろいろとネットでも情報が飛び交い盛り上がっているのだが、過去のダービー馬に関する情報で面白い話を「Number」(文藝春秋)が明かしている。

 今週の同誌は日本ダービーが特集されたが、現在海外で繁殖活動を行なっているウオッカも取り上げられていた。その記事の中で、ウオッカのオーナーである谷水雄三氏が「ウオッカを日本へ戻して、ディープインパクトと交配させるプランもある」と語っている、というのだ。

 日本で種牡馬としても活躍を続け、いまだに3歳クラシック戦線に産駒を送り込むディープインパクト。ウオッカと交配し生まれてくれば、"14冠の仔"が誕生することになる。日本で走らせれば、新馬戦から話題になるはずだ。

 だが、この情報に対してネットでは「少し遅すぎたのではないか」「いまはロードカナロアでは?」「どれでもいいから、早く日本の種牡馬をつけてほしい」と反応が様々。

 諸手を挙げて喜んでいるのは、意外にもごく一部のファンであった。

「たしかに海外の種牡馬をつけて生まれた仔を日本で走らせてみたものの、あまりうまくいっておらず、そろそろ日本の種牡馬と交配させようとするのも生産者側としては必然の考え方じゃないでしょうか。しかし、種付料が値上がった今のディープインパクトに、ファンは魅力を感じていないようです。

ファンの『遅すぎた』という声の裏には『何故、まず最初にディープインパクトと交配してくれなかったんだ?』『なぜ海外の種牡馬ばかりウオッカに付けるんだ?』という疑問があるからでしょう。それだけにいまさらな感じは拭えないのだと思います」(競馬ライター)

JRAファン「悲願」ウオッカ×ディープインパクトついに実現か......「遅すぎる」意見多数も谷水オーナーの「思い」がのページです。GJは、競馬、JRAウオッカディープインパクトの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!