NEW

【日本ダービー(G1)展望】ダノンプレミアム「絶対王者」堂々の戦列復帰! 皐月賞馬エポカドーロ、大器ブラストワンピースら「平成最後」の頂上決戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【日本ダービー(G1)展望】ダノンプレミアム「絶対王者」堂々の戦列復帰! 皐月賞馬エポカドーロ、大器ブラストワンピースら「平成最後」の頂上決戦!の画像1

 いよいよ競馬の祭典・日本ダービー(G1)が27日に東京競馬場で開催される。今年は「平成最後のダービー」として、すでにメディアでも大々的に取り上げられている状況だ。

 ここまで今年の3歳牡馬はダノンプレミアムという絶対王者がいたが、ザ石によって皐月賞(G1)を回避した。その皐月賞を7番人気の伏兵エポカドーロが制したことで、三連単は37万2080円という大波乱で決着。一転して、今年の牡馬クラシックは大混戦の様相を呈している。

 それでも中心は、無敗の2歳王者ダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)で揺るぎない。

 ここまで4戦無敗というダノンプレミアム。その戦績も然ることながら、何よりも特筆すべきは、その勝ちっぷりにまったく危なげがないことだ。

【日本ダービー(G1)展望】ダノンプレミアム「絶対王者」堂々の戦列復帰! 皐月賞馬エポカドーロ、大器ブラストワンピースら「平成最後」の頂上決戦!の画像2

 1994年のクラシック3冠馬ナリタブライアンに匹敵する3馬身半差で圧勝した朝日杯フューチュリティS(G1)を筆頭に、前走の弥生賞(G2)でも1頭だけ馬場の良い外側に進路を取り、距離をロスしながらの完勝。ワグネリアンやジャンダルム、サンリヴァルといったところをまったく相手にしなかった。仮に皐月賞(G1)に出走していれば、単勝1倍台の大本命に推されていたことは確実だろう。

 今回の最大の焦点は、ザ石によって皐月賞を回避した本馬の状態が、どれだけ回復しているのかに尽きる。すでに追い切りでは軽快な走りを見せているが、アクシデントがあったことは事実。追い切りで見せている走りが「本物」か否かは、実際にレースをしてみないとわからない部分もありそうだ。

【日本ダービー(G1)展望】ダノンプレミアム「絶対王者」堂々の戦列復帰! 皐月賞馬エポカドーロ、大器ブラストワンピースら「平成最後」の頂上決戦!のページです。GJは、競馬、ダノンプレミアムブラストワンピース日本ダービーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!