NEW

武豊ジャンダルム「ベスト状態」で距離に挑戦! 日本ダービー(G1)で"イメージ"払拭か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊ジャンダルム「ベスト状態」で距離に挑戦! 日本ダービー(G1)でイメージ払拭かの画像1

 今週末に開催される日本ダービー(G1)。歴代最多のダービー5勝を誇る武豊騎手は、今年、快足女王の仔であるジャンダルム(栗東・池江泰寿厩舎)でさらなる記録更新をもくろんでいる。

 スプリント女王のビリーヴを母に持つジャンダルム。母譲りのスピードを発揮してデビュー早々にマイル重賞で勝利を飾った。だが、血統背景からこのままマイラーとして台頭するかと思いきや、ホープフルS(G1)2着、弥生賞(G2)3着と次々に芝2000mのレースに出走して結果を残していた。

「管理する池江調教師は、かつて『2400mですら長い』と話していたサトノダイヤモンドを"菊花賞仕様"に仕上げて、見事に勝利を収めた稀代のトップトレーナー。ジャンダルムも『本質的にはマイラー』と話しているものの『だからといって、マイルばかり使っていては、新境地は開けない』と限界突破に意欲を燃やしていました。ジャンダルムもその思いに見事に応えているようです。

 前走の皐月賞(G1)は9着と惨敗しましたが、これは出遅れた上に渋った芝でのレースに苦戦した結果でしょう。武豊騎手も戦前から、自身の公式サイトで『キレイなトビをする馬なので、歓迎とは言えません』と悪路でのレースを不安視していました。馬場条件が悪くならなければ、今回こそ真価を発揮してくれるはずです」(競馬誌ライター)

武豊ジャンダルム「ベスト状態」で距離に挑戦! 日本ダービー(G1)で"イメージ"払拭かのページです。GJは、競馬、ジャンダルムダービー武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!