NEW

日本ダービー(G1)池添謙一騎手「オルフェ級」の評価!? 「超新星」ブラストワンピースの毎日杯直行ローテが「プラス」になる理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ダービー(G1)池添謙一騎手「オルフェ級」の評価!? 「超新星」ブラストワンピースの毎日杯直行ローテが「プラス」になる理由の画像1

 27日に東京競馬場で開催される日本ダービー(G1)でダノンプレミアムと同じ「無敗馬」として注目を集めているのが、毎日杯(G3)からの直行という「異色のローテーション」で挑むブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。

 ここまで3戦3勝。それも単なる3連勝ではなく、2戦目のゆりかもめ賞(500万下)で、日本ダービーと同じ東京芝2400mを4馬身差で圧勝し、前走の毎日杯では後のNHKマイルC(G1)2着馬ギベオンに2馬身差の勝利と、内容も申し分ない。

 実際に、この馬のスケールに惚れ込む池添謙一騎手は、日本ダービーの1週前追い切りに騎乗した際、『netkeiba.com』の取材に「オルフェーヴルの時がそうだったように、短期間で馬が良くならないとダービーは勝てないものだと自分の経験から思っているのですが、この馬もその通り良くなっています」と、かつての三冠馬を例に挙げるほどの手応えを感じている様子。

 未対戦の皐月賞組に対しても「それはダービーでの楽しみ」と自信を隠さない。

 2戦目のゆりかもめ賞で東京2400mに対応する「スタミナ」を示しただけでなく、3戦目の毎日杯では重賞初挑戦に加えて600mの距離短縮にもかかわらず、好位から競馬できる「スピード」と「センス」も示したブラストワンピース。

 この"新星"の登場で、今年の日本ダービーはダノンプレミアムと共に「皐月賞未出走馬」が人気を分け合うという異常な状況が起きている。

 ただ、ダノンプレミアムがそうであるように「王道ローテ」を辿っていないブラストワンピースにも"死角"があるようだ。本馬に否定的な見解を示している大多数は、まず「毎日杯からの直行」という異例のローテに大きな不安を訴えている。

日本ダービー(G1)池添謙一騎手「オルフェ級」の評価!? 「超新星」ブラストワンピースの毎日杯直行ローテが「プラス」になる理由のページです。GJは、競馬、ブラストワンピース日本ダービー池添謙一の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!