NEW

パチスロ「規制」を"無意味"にする「神システム」!? 人気コンテンツ最新作が導く「未知の領域」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「規制」を無意味にする「神システム」!? 人気コンテンツ最新作が導く「未知の領域」とはの画像1

 出玉リミッター「有利区間」の搭載が義務付けられているパチスロ5.9号機。『ゴッドイーター2』や『戦国コレクション3』という人気コンテンツでも成功できなかったように、規制の影響を大きく受ける「ARTタイプ」への評価は厳しいものが目立つ。

 その一方で「有利区間」の搭載義務がないRT機への注目が高まっている状況。 無論すべての機種が支持されているわけではないが、業界大手サミーが生み出した新システム「GRT」タイプのように好稼働を見せている機種は存在する。

 中でも『パチスロ不二子 TYPE A+』(オリンピア)の活躍は際立つ。「5号機Aタイプ史上、最後の革命」と銘打たれた本機は、簡単な技術介入を成功させることによって「獲得枚数を激変させられる」点が大きな特徴。

「運」と「実力」次第で獲得枚数を大きく変えられるゲーム性は、ユーザーの心を掴むことに成功した。出目や演出のバランスの良さを指摘する意見も出るなど、総合的に高い評価を得ている印象だ。

 そんな『不二子 TYPE A+』を開発したオリンピアの最新情報が浮上。国民的アニメ『ルパン三世』シリーズ最新作『ルパン三世世界解剖/K1』が検定を通過し話題になっている。

 スピンオフ作品『不二子』に続き"本家"が登場。ファンの多いビッグコンテンツ最新作という時点で、大きく取り上げられるのは自然だが......。

 熱視線を浴びているのは「5.9号機の常識を覆す」と囁かれるスペックのようだ。

パチスロ「規制」を"無意味"にする「神システム」!? 人気コンテンツ最新作が導く「未知の領域」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、GRTパチスロルパン三世の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!