NEW

アメフトタックル選手「監督の指示」人生に暗雲も?「学生スポーツ指導者は大体無能」スポーツが人格を育てるというウソ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメフトタックル選手「監督の指示」人生に暗雲も?「学生スポーツ指導者は大体無能」スポーツが人格を育てるというウソの画像1

 22日「悪質タックル」で大騒動となっている日本大学のアメフト選手が会見を開き、コーチを通じ内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと明かした。

 被害にあった関西学院大学の選手側が被害届を提出するなど問題が肥大化する一方のこの問題。ついに加害者側の選手が表舞台に出るまでに至ってしまった。

 20歳の学生が、世間的に大きくなってしまった問題の当事者として会見する、というのはやはり異例で、すでに多くの賛否両論が巻き起こっている。もちろん選手の行為は「実行した人物」として責任を免れるものではないが......。

「今後のこの選手の人生はどうなってしまうのか、と思わずにはいられないですね。もちろん行為は許されませんが、内田監督をはじめチームの首脳陣がいかに『異常』で『愚か』だったかはもう世間の誰もがわかるところ。

それを適当な理由をつけて逃げたため、このような事態になってしまったわけです。しかも選手とコーチ側の意見はまるで違いますからね。どこまで腐りきってるのかという話ですよ」(記者)

 まさに「最悪の事態」となってしまった今回の騒動。選手への今後のケアはどうなるのか。今後の学生生活はもとより、就職活動などにも影響が出る。行為は悪質だが、それで人生が大きく狂うような動きになることを是とすべきなのか。

アメフトタックル選手「監督の指示」人生に暗雲も?「学生スポーツ指導者は大体無能」スポーツが人格を育てるというウソのページです。GJは、スポーツ、アメフトタックル選手の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!