NEW

パチンコ夢の『初代牙狼』時代が蘇る!? ホールを「鉄火場」にする高継続「爆裂マシン」登場か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ夢の『初代牙狼』時代が蘇る!? ホールを「鉄火場」にする高継続「爆裂マシン」登場かの画像1

 大当たり確率の下限を1/320までとし、確率変動継続率の上限を65%とした新基準パチンコ機。MAX機の「強烈な爆発力」を失う影響は大きく、稼働率の低下を招くことになってしまう。

 大当たり以外で出玉を増やすことが可能な「小当たりラッシュ搭載機」や、継続率を高めることが可能な「一種二種混合機」の活躍で盛り返しているが、かつての"熱"が失われつつあることは明白だ。

 4円のパチンコユーザーの大半が「出玉性能」に重きを置いていると考えれば当然なのかもしれないが......。

 あの"激アツ"時代が蘇る?

 名物メーカーDaiichiがリリース予定の新機種が、MAX機を代表する爆裂機『初代牙狼』(サンセイR&D)を彷彿とさせる「夢のある仕様」と話題だ。

「HP上でティザーPVを公開している『ダイナマイトキング』ですね。規制を物ともしない"強烈な仕様"だと話題になっています。PVでも宣言しているように『32回』がチャンスとなる仕様のようですが、その継続率は"81%"と言われているんです。

しかも右打ち中は『約2000発』と言われる最高出玉を十分に期待できる確率になっているとか。事実なら、約1700発の出玉で継続率82%を誇る『初代牙狼』並みですよね。偏れば『初代牙狼』以上の快感を得られるかもしれません。それを味わうまでのハードルは高いのでしょうが......。

パチンコ夢の『初代牙狼』時代が蘇る!? ホールを「鉄火場」にする高継続「爆裂マシン」登場かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、ダイナマイトキングパチンコ牙狼の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!