NEW

JRA短期免許H.ボウマン「サボり疑惑」で印象悪化? 「社台だけ本気」説と最近の「外国人騎手トラブル」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
H.ボウマン「サボり疑惑」で印象悪化? 「社台だけ本気」説と最近の「外国人騎手トラブル」の画像1

 M.デムーロ騎手、C.ルメール騎手のふたりに席巻されていると言っても過言ではない日本の競馬界。2人は通年だが、大舞台に合わせて短期免許で外国人騎手を来日させる陣営も少なくはない。

 今回も春のG1シーズンに合わせて"豪の名騎手"であるH.ボウマン騎手が短期免許を取得。天皇賞・春(G1)ではシュヴァルグランで2着入線、京都新聞杯(G2)でもシャルドネゴールドで3着に入るなどその手腕を発揮した。

 そして今週末の日本ダービー(G1)には、青葉賞(G2)2着馬のエタリオウとタッグを組んで挑戦。世界No.1騎手との呼び声も高いボウマン騎手に導かれて、エタリオウがどのような走りをするのかが注目されている。

 出走さえすればめっぽう頼りになるボウマン騎手。だが先週はトラブルメーカーになってしまった。突如、体調不良を訴えて一部の騎乗を中止したのだ。そのため、多数の乗り替わりが発生する事態が起こり、現場は大混乱に陥っていた。

「突然ことだったので、エージェントは頭を抱えていましたよ。病を押してまで騎乗しろとはいいませんが、ボウマン騎手は5月10~17日は私用のため海外渡航届を提出して、アイルランドに渡航していました。そのため、一部からは本当に『体調不調だったのか?』といぶかしがる声が上がっています。

そして調教師たちもボウマン騎手の手腕こそ認めているものの、『こんなことが続けば頼みづらい』『社台系の良質馬だけ乗っていればいいと思ってるのでは?』などと不満を口にしていたみたいですね。このままでは悪印象を持たれかねません」(現場記者)

 猜疑の目が向けられているボウマン騎手。その要因は彼の行動もさることながら、最近来日した外国人騎手の問題行動にもあるという。

JRA短期免許H.ボウマン「サボり疑惑」で印象悪化? 「社台だけ本気」説と最近の「外国人騎手トラブル」のページです。GJは、競馬、JRAボウマン短期免許の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!