NEW

ケイト・スペード「自殺」疑惑の真相は......「巨額買収」直後の死、ブランドイメージ影響避けられず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケイト・スペード「自殺」疑惑の真相は......「巨額買収」直後の死、ブランドイメージ影響避けられずの画像1

 ファッションデザイナーのケイト・スペード氏が亡くなったと、現地ニュース番組「BBC」が伝えた。55歳だった。

 ケイト氏はアメリカ発の大人気ブランド、ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK) のデザイナーを務めており、日本ではファッション拠点である東京の青山や銀座のみならず、全国の百貨店などにも数多く出店するなど絶大なる知名度を有している。

 そんなデザイナーの突然の死。しかも「自殺」の可能性があるというのだから穏かではない。

「昨年、米高級皮革品のコーチ(現タペストリー)に24億ドル(約2600億円)で買収され、同社の傘下に入っていました。巨万の富を得たということになりますが、それから1年足らずで死去ということですから、かなりの衝撃ですね。

仮に自殺だった場合、どうしてもその買収絡みの問題を考えずにはいられない状況ですね。今後真相究明がなされるでしょう」(記者)

 人気ブランド・デザイナーの突然の死。それだけでも衝撃的なことではあるが、何やら不穏な空気が流れている。

ケイト・スペード「自殺」疑惑の真相は......「巨額買収」直後の死、ブランドイメージ影響避けられずのページです。GJは、その他、ケイト・スペードブランド自殺の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!