NEW

パチンコ「6段階設定機」あのメーカーから"業界最速"で登場か!? 「極端な設定差」囁かれる「スペック面」にも有力情報が!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「6段階設定機」あのメーカーから業界最速で登場か!? 「極端な設定差」囁かれる「スペック面」にも有力情報が!!の画像1

 4月に引き続き5月もパチンコ新規則機」の開発状況は非常に順調だ。試験機関・保安通信協会(保通協)が公表した5月中の試験状況によれば、申請「36台」のうち「16機種」が適合。適合率は「50%以下」と決して高い数字ではないが、新時代へ向けて着実に前進している。

 また、先月には新規則パチンコ機第一弾となる『PAナナシーDXII 88GO』(豊丸産業)の公式販売が決定。スペックは大当り確率がヘソで1/88.92、DXスタート・GOチャッカ―通過時は1/65.54、大当り出玉は約972個と前機種の良さを継承した仕様だが......。

 スペック面において「旧規則」でも通用する出玉性能となっている。新規則改正後の上限出玉「1500個」に抵触しておらず「新規則機第一弾」とはいえ、良くも悪くも大きな変化はない。

 では、新規則機「最大の特徴」とはなにか。やはり「設定付きパチンコ」が容認された点は大きなポイントだろう。

 パチスロと同様に「大当たり確率」に設定差を設けることが可能。従来の「出玉設計」やユーザーの「立ち回り」にも大きな影響を与えるに違いない。業界内外からの注目度は非常に高い「新仕様」である。

 そんな「新規則機」に関して有力な情報が舞い込んできた。あの大手パチンコメーカーから"業界最速"で「6段階設定パチンコ」が登場するとのウワサが一部関係者の間で話題となっている。

「現在囁かれている情報を見る限り、今パチンコ分野で最も勢いのある『SANKYO』から登場するのでは?と言われていますね。

機種に関しても様々な憶測が飛び交っていますが、すでに販売済の人気コンテンツを『設定付きパチンコ』で新たに販売すると業界関係者がアツく語っています。現在も稼働中のコンテンツのようですが......どの機種か非常に気になりますよ」(記者)

 徐々に明らかになり始めた「新規則パチンコ」。販売メーカーや機種名など、具体的な情報は依然としてハッキリとしていない状況だが、今年中には「設定搭載パチンコ」の導入が見込めるだろう。

 さらに、スペック面に関しても興味深い情報が......。

パチンコ「6段階設定機」あのメーカーから"業界最速"で登場か!? 「極端な設定差」囁かれる「スペック面」にも有力情報が!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ新規則機設定付きパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!