NEW

武豊×キーファーズ「仏挑戦」の意義。オーナーと陣営が見据える「野望」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊×キーファーズ「仏挑戦」の意義。オーナーと陣営が見据える「野望」とはの画像1

 武豊騎手、キーファーズの2頭とともに来月7/22にフランスへ!

 ジェニアル(牡4 栗東•松永幹夫厩舎 )とラルク(牝5 栗東• 同 厩舎 )が7月に渡仏しレースに出走。2頭の鞍上は武騎手に正式決定した。

 7/22にメゾンラフィット競馬場にて行われるメシドール賞(G3•芝1600m)にジェニアルが、牝馬限定の特別戦ぺピニエール賞(芝2100m)にラルクが出走することになり、その2頭のジョッキーに武騎手が騎乗することになったのだ。

 このフランスに遠征する2頭は、ジェニアルは500万下クラス、ラルクは1000万下クラスとどちらも条件戦クラスであり、なぜこの2頭がフランス遠征をするのか不思議に思われる方もいるだろう。

 この2頭はともにディープインパクト産駒で、株式会社キーファーズの代表•松島正昭氏が2015年のセレクトセールにて母•サラフィナの仔を1億6000万円で、2014年のセレクトセールでは母•ライラックスアンドレースの仔を1億4500万円で、それぞれ落札し、前者をジェニアル、後者がラルクと名付けられている。

 ジェニアルの母•サラフィナは、仏オークス(G1)、サンクルー大賞(G1)などG1を3勝をした名牝であり、ラルクの母•ライラックスアンドレースは米アシュランドS(G1)を含む9戦3勝で、半妹には阪神JF1着、オークス3着のラッキーライラックがいる。

武豊×キーファーズ「仏挑戦」の意義。オーナーと陣営が見据える「野望」とはのページです。GJは、競馬、キーファーズフランス武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!