NEW

JRAガックリか「宝塚記念(G1)出走馬」出揃うも、記者狙い目もトーン上がらず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAガックリか「宝塚記念(G1)出走馬」出揃うも、記者狙い目もトーン上がらずの画像1

 いよいよ上半期最後のG1、グランプリレースの宝塚記念(芝2200m)が6/24(日)に阪神競馬場で行われる。

 今年はファン投票の中間結果が発表されるあたりから、出走辞退馬、あるいは安田記念に向かう馬が続出してしまい、6月に入る前の段階で"ファンの為のグランプリレース"というトーンが下がってしまう有り様。

 この段階で12頭しか出走表明している馬がおらず、そのうち池江厩舎の馬が5頭もいるという異常事態に「開催できるのか?」「ファン投票の意味がない」「これじゃ"池江祭り"だよね」等、ファンの声が飛び交っていたほどであった。

 最終的には追加登録も増え16頭が出走予定。池江厩舎の馬も最終的には2頭出走に落ち着いた。

 ファン投票の最終結果をベスト10だけご紹介すると、1位サトノダイヤモンド、2位スワーヴリチャード、3位シュヴァルグラン、4位レイデオロ、5位サトノクラウン、6位レインボーライン、7位キセキ、8位アルアイン、9位アルアイン、10位モズカッチャン。このうち、宝塚記念に出走予定の馬は1位のサトノダイヤモンドと、5位サトノクラウン、7位キセキの3頭だけである。

 ファン投票の11位以降で出走予定の馬は、15位ヴィブロス、17位ダンビュライト、25位スマートレイアー、27位ステファノス、28位ミッキーロケット、59位アルバート、75位パフォーマプロミスで、投票ランキングトップ100位内に10頭しかいない。残りの6頭はランキング外の馬5頭と、外国馬1頭。とてもグランプリレースと呼べるものではない。

JRAガックリか「宝塚記念(G1)出走馬」出揃うも、記者狙い目もトーン上がらずのページです。GJは、競馬、グランプリサトノダイヤモンド宝塚記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!