NEW

「ONE PIECE」尾田栄一郎氏「反日失言?」で大バッシング......「海賊犯罪漫画」呼ばわりも「歴史認識甘すぎ」な過去事例

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ONE PIECE」尾田栄一郎氏「反日失言」で大バッシング......「海賊犯罪漫画」呼ばわりも「歴史認識甘すぎ」な過去事例の画像1
ONEPIECE.comより

 人気漫画「ONE PIECE」89巻の表紙裏に載せた尾田栄一郎氏のコメントが物議を醸している。

 尾田氏は食卓のから揚げが残り1個の状況で、そのから揚げを「横井軍曹」と名づけ「横井軍曹残ってるよ!誰か戦争を終わらせて!的な わからないちびっ子は調べてね」と使う説明を載せている。

 この「横井軍曹」というのは、太平洋戦争時に太平洋戦争終結から28年目に発見された故・横井庄一氏を表しているのが明らかで、一気に批判の対象となっている。

「戦争の犠牲者である横井さんを馬鹿にしている」「ネタで語っていい話じゃない」「これが尾田先生の本音か」「ワンピースが一気に胡散臭くなった」と怒りのコメントが多数だ。

「尾田さんの表紙裏コメントは基本的に『面白い』と評判でした。

『きのう、ふと、 思ったんだが。 「ワンピース」って 変なタイトル(爆笑)』や『そういえば、 この前実家に帰ったら 親が初めてONE PIECEに 対する意見を言っていた。 「あのしかの話がええのよねぇ」 ・・・・・・しか?』などなど、ファンならクスッと笑ってしまうネタの宝庫と評判でした。しかし、今回のコメントは悪ノリが過ぎたということでしょうかね」(記者)

「ONE PIECE」尾田栄一郎氏「反日失言?」で大バッシング......「海賊犯罪漫画」呼ばわりも「歴史認識甘すぎ」な過去事例のページです。GJは、エンタメ、ONE PIECE反日尾田栄一郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!