NEW

JRA幸英明「大活躍」は「アレの抑制」だった!? 競馬界きっての「愛され男」が手に入れた「感覚」と境地

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA幸英明「大活躍」は「アレの抑制」だった!? 競馬界きっての「愛され男」が手に入れた「感覚」と境地の画像1

 人気的に軸にすることができないが、かといって無視するとやられ、しかし買い時がまったくわからない......そんなJRAジョッキーは?と訊かれて思い出す人物はこの人ではないだろうか。

 幸英明騎手。関西のジョッキーで42歳。1994年デビューの25年目。「ホッコータルマエで活躍した主戦ジョッキー」と言えばお分かりいただけるだろう。

 騎乗依頼があればほとんど断らないため毎年騎乗機会が多く、最多年間騎乗機会の記録も持っている。勝てる馬かどうかは考えないで騎乗を引き受けるので、リーディング争いには無縁ではあるが、掲示板も難しいような馬を幸騎手が複勝圏内に持ってきて穴を開けるため、オーナーサイドから厚い信頼を得ている。

 そもそも、なぜ幸騎手のところにこんなに多く馬が集まってくるのだろうか。彼はエージェントをつけているが、そのエージェントが特別凄いというわけではない。どうやら幸騎手の"ゴルフ外交"に理由があるようである。

「幸騎手が若手時代、よく調教師や先輩騎手にゴルフ場に連れられて、馬主や関係者とのゴルフの付き合い方など伝授されたそうです。しかし全然ゴルフが上達しないため、悔しがりの幸騎手は猛練習し、今ではハンデはシングルという巧さ。最高スコアは66。同じくゴルフがうまい武豊騎手いわく『なる職業を間違えたんじゃないのか』と幸騎手のうまさを絶賛しています。そんな幸騎手はゴルフの誘いも断りませんから、馬主さんたちとの付き合いも良好なんでしょう」(競馬ライター)

 自身の年間騎乗機会記録を塗りかえる1081回を2012年に記録。2015年も1023回、2017年も1016回と、2015年からM.デムーロ騎手、C.ルメール騎手が通年免許で騎乗できるようになっても幸騎手の騎乗機会が落ちることがない。

JRA幸英明「大活躍」は「アレの抑制」だった!? 競馬界きっての「愛され男」が手に入れた「感覚」と境地のページです。GJは、競馬、JRA幸英明競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!