NEW

高校バスケ「審判殴打」延岡学園留学生の愚行......「強くするため」だけの留学の弊害も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校バスケ「審判殴打」延岡学園留学生の愚行......「強くするため」だけの留学の弊害も?の画像1

 17日に行われた高校バスケの九州大会準決勝、宮崎の延岡学園対福岡の福岡大大濠の試合で、延岡のコンゴ人留学生が審判を殴ったことが大きな衝撃とともに報じられている。

 どうやら審判のファウル判定が不服だったようだ。審判男性はその場に倒れ流血。試合は没収試合となった。

 すでにネット上で動画などが出回っており、大変な騒ぎと批判が注がれているが「このタイミング」が余計に世間からの注目を浴びそうだ。

「つい先日、日大アメフト部の『悪質タックル』が大騒動になったばかりで、今度は高校バスケですからね。試合中の出来事とはいえこれはもう『傷害罪』といっても過言ではありませんよ。

今回は監督の指示とかそういった類ではなくカッとなったということでしょうが、審判の方は大怪我を負ったようですし、選手は今後試合に出ることは難しそうですね」(記者)

 延岡サイドとしてもしっかりした対応が求められるのは当然である。

高校バスケ「審判殴打」延岡学園留学生の愚行......「強くするため」だけの留学の弊害も?のページです。GJは、スポーツ、延岡学園留学生高校バスケの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!