NEW

高校野球「監督部長辞任」駿台甲府の真相は?......「学生スポーツ」そのものの変化も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球「監督部長辞任」駿台甲府の真相は?......「学生スポーツ」そのものの変化もの画像1

 駿台甲府野球部監督の元巨人投手・深沢和帆氏と奥山昭隆部長が退任となった報道が、大きな波紋を呼んでいる。

「深沢氏と一部の3年生部員との間で指導法をめぐり、見解の相違が起きた」ことが理由とのことだが、この理由に関して多くの疑問が噴出しているのが現状だ。

「『高校生の意見で大人が仕事をやめる?』『昔なら学生のほうがやめると思うんだが』『クーデターか』などさまざまな意見が出ていますね。過去には監督と部員の間でトラブルが生じ練習内容などを改善したという話もありましたが、監督と部長が揃ってやめるというのは異例中の異例。騒がれるのも無理ありませんね。

ここまでの事態になると『よほどひどい指導だったのか』という話にもなってしまいますが、本当にそれだけだったのか、と勘ぐる声が出るのも自然ですね」(記者)

 降って湧いた監督・部長辞任騒動。

 駿台甲府は春季県大会4強とここ数年力をつけてきており、そんな中での出来事だけにどうしても気になってしまうところ。

 世間でも囁かれているが、学生スポーツそのものの変化を指摘する意見も。

「今は学生スポーツにおける体罰なども厳しく取り締まられる時代ですし、厳しい指導に選手のみならず保護者からもクレームがつくことは十分に考えられます。さまざまな理由や指摘が折り重なった結果ということであれば、一定の納得もできますね」(同)

 このような事例は今後増えていくのだろうか。動向を見守っていきたい。

高校野球「監督部長辞任」駿台甲府の真相は?......「学生スポーツ」そのものの変化ものページです。GJは、スポーツ、監督野球部駿台甲府の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!