NEW

JRA池添謙一が後輩「恫喝」現場にファンドン引き!? 輪乗りでの「怒声」丸聞こえで思い出す「キレる男」エピソード

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA池添謙一が後輩「恫喝」現場にファンドン引き!? 輪乗りでの「怒声」丸聞こえで思い出す「キレる男」エピソードの画像1

 函館最終レースで、ブチ切れ!? 一体、何があったのか?

 夏競馬が6/16函館でスタート。6/17には函館SS(G3)が行われ、ダイアナヘイロー、ジューヌエコール、ナックビーナス、ワンスインナムーンらスプリンター達との激戦を制し、1枠1番のセイウンコウセイが優勝。G1馬復活の走りに函館競馬場に駆け付けたファンたちは大いに盛り上がった。鞍上の池添謙一騎手はテン乗りだったのだが、高松宮記念以来、実に1年3ヶ月ぶりの重賞勝利を陣営にプレゼントした。

「スタートも良くて、うまく池添騎手が逃しましたね。枠が良かったのもありますが、楽に逃して、最後ナックビーナスらの追撃を凌ぐセイウンコウセイらしい競馬ができました。追い込みのイメージが強い池添騎手ですが、こういった前に行く競馬もうまいですよ。いいレースでしたね」(競馬記者)

 そんないい余韻をジョッキーもファンも共有しつつ迎えた、函館の最終レース。

 ところが、ここである出来事が起こったという。ファンの間で騒がれていたようだが......。

 小回りの函館競馬場は一周が短く、芝1800 mのスタート位置はスタンド正面の4コーナー付近。 ファンが見守る中、ゲート入れ直前の輪乗りを各馬が行なっていたところ、国分優作騎手のオールドクラシックが少し暴れながら、外ラチ付近にいた池添騎手のレッドレグナントに寄せてきた。危機回避した池添騎手は、馬をコントロールできていないと映った国分優騎手に対して、

「◯X△&%+、マジほんまに!」と、なにやらキレて文句を発する。

 するとオールドクラシックがレッドレグナントのことが気に入らないのか、また暴れながら近づいていこうとした。

「待て、待て、待て、待て!」

JRA池添謙一が後輩「恫喝」現場にファンドン引き!? 輪乗りでの「怒声」丸聞こえで思い出す「キレる男」エピソードのページです。GJは、競馬、JRA函館池添謙一の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!