NEW

パチンコ『牙狼』最新作"謎の販売延期"説浮上...... 相次ぐ「緊急事態」に不安の声絶えず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ『牙狼』最新作謎の販売延期説浮上...... 相次ぐ「緊急事態」に不安の声絶えずの画像1

 規則改正後初の公式リリースが決定した『PAナナシーDXII 88GO』。新規則から認可された「6段階設定付き」パチンコ『革命機ヴァルヴレイヴ』が正式発表されるなど、新規則機のデビューが着々と進むパチンコ業界。

 そんな新規則機に関するニュースは今月に入りさらに増加し、高尾から『P沼A』が検定を通過。機種が「沼」、高尾といえば『カイジ』で知られるメーカーだけに、早くもユーザーから熱視線が注がれている状況だ。

 そして、大手メーカー・サンセイ R&Dからも「新規則第一弾」に関する情報が。人気アニメとのタイアップ機『P魔法先生ネギま!』が検定を通過したのである。

 旧規則機で販売された過去を持つ本機。その時は高い実績を残すことができなかったわけだが、新規則機となれば状況は大きく異なってくるだろう。前作を踏襲した「1種2種混合機」、はたまた「新スペック」なのか非常に気になるところだ。

 ただ、それ以上に注目を集めるサンセイ機種といえば、やはり看板機種『牙狼』だろう。先月、旧基準機で「シリーズ最後」と思われる『CR牙狼TUSK OF GOD』が検定を通過。早くて『9月導入予定』との情報が一部関係者の間で上がっていたが......。

『牙狼』といえば先日、デビューを狂わすあの「事情」が物議を醸したばかりだ。

「一部業界紙から福井県開催の『国民体育大会』『全国障害者スポーツ大会』に伴い、9月1日から10月15日まで1ヶ月半の『遊技機の入替自粛』が決定した、と報じられましたね。この報道を受けて一部から不安の声が聞こえていました。

ただ、今回の催事はサミットのような国際的行事ではありませんので、『入替自粛』は一部地域に限られるという見方が多いです。現状、全国のパチンコホール組合『全遊協』から特に発表はありませんし」(記者)

パチンコ『牙狼』最新作"謎の販売延期"説浮上...... 相次ぐ「緊急事態」に不安の声絶えずのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、サンセイパチンコ牙狼の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!