NEW

【帝王賞(G1)展望】「ダート王」ゴールドドリームVS「昨年王者」ケイティブレイブ!頂上決戦に「史上最高」超豪華メンバーが集結!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【帝王賞(G1)展望】「ダート王」ゴールドドリームVS「昨年王者」ケイティブレイブ!頂上決戦に「史上最高」超豪華メンバーが集結!の画像1

 27日にはダートの頂上決戦・帝王賞(G1)が大井競馬場で開催される。昨年はケイティブレイブが出遅れながらも、見事にG1初制覇。今年のダービージョッキー福永祐一騎手の冷静な判断が光ったレースだった。

 今年はその前年王者に加え、現ダート王に君臨するゴールドドリームが参戦。低調なメンバーだった芝の宝塚記念(G1)とは打って変わり、まさに現役ダート王を決めるに相応しいメンバー構成となった。

 それでも、昨年の最優秀ダート馬ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)の優位は動かない。

 昨年はフェブラリーS(G1)とチャンピオンズC(G1)の両方を制し、史上3頭目となる統一ダート王に君臨。最優秀ダートホースの称号も獲得するなど、充実したシーズンを送った。今年は連覇の懸かったフェブラリーSこそ、ノンコノユメの激走にクビ差屈したが、前走のかしわ記念(G1)を勝って3つ目のビッグタイトルを手にしている。

 課題は2000mという距離に尽きる。本馬の7勝はすべて1800m以下であり、2000mはジャパンダートダービー(G1)の3着が最高。それも勝ったキョウエイギアには1.2秒の大差を付けられている。他にもドバイワールドカップは仕方ないにしても、昨年の帝王賞で7着に沈んだのは気掛かりだ。

 そんな王者に付け入るスキがあるのなら、昨年王者のケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)に逆転も十分にあるはずだ。

 兵庫チャンピオンシップS(G2)1着、ジャパンダートダービー2着と連続でゴールドドリームに先着するなど、3歳春から非凡な才能を見せていたケイティブレイブだが、初G1制覇となったのが昨年の帝王賞だ。スタートで後手を踏み、本来の逃げに持ち込めなかったものの、上がり最速の末脚でまさかの勝利だった。

【帝王賞(G1)展望】「ダート王」ゴールドドリームVS「昨年王者」ケイティブレイブ!頂上決戦に「史上最高」超豪華メンバーが集結!のページです。GJは、競馬、ケイティブレイブゴールドドリーム帝王賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!