NEW

日本GK川島心配......ポーランド戦勝利でも決勝T「前門のベルギー、後門のイングランド」日本を待ち受けるTHE ENDストーリー?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本GK川島心配......ポーランド戦勝利でも決勝T「前門のベルギー、後門のイングランド」日本を待ち受けるTHE ENDストーリー?の画像1

 今夜、決勝トーナメント進出を懸けたポーランド戦に臨むサッカー日本代表。W杯開幕前の下馬評をくつがえす力強く自信に満ちたプレーを続ける選手たちは、勢いに乗っているだけに期待十分。さらに、引き分け以上で自力グループリーグ突破が決まる状況、対戦相手が予選敗退確定でモチベーションだだ下がりのポーランドであることを加味すると、ベスト16が限りなく近づいているのは間違いない。

 突然の監督交代による急造チームであることを踏まえると、決勝トーナメント進出だけでも御の字。ただ「決勝トーナメントもこの調子でいけるんじゃないか?」と欲をかいてしまうのが人間の性である。コロンビア・セネガルといったタイプの異なるチームとも互角にわたり合う姿を見れば、期待せざるを得ないだろう。

 しかし、今一度認識すべきだ。決勝トーナメントで戦うであろう相手が、比べ物にならないほどに「ヤバい」チームであることを。

 日本代表がいる予選リーグ・Hグループの上位2チームは、決勝トーナメントで「Gグループ」の上位2チームのいずれかと対戦するよう振り分けられている。先ほど危機感を煽ったのは、何を隠そうGグループで上位2チーム入りを確定させているのがイングランドとベルギーであるから。

 イングランドは、若手主体とはいえプレミアリーグのメガクラブで活躍する一級選手揃い。予選リーグでは攻撃陣が好調で、トットナムのエースストライカーであるケイン、ずば抜けた高速ドリブルが持ち味のリンガードといった決めるべき選手が活躍している点は要注意だ。パナマ戦では6ゴールをあげており、「弱小国キラー」ぶりを発揮すれば日本代表もフルボッコにされる可能性は十分にある。

日本GK川島心配......ポーランド戦勝利でも決勝T「前門のベルギー、後門のイングランド」日本を待ち受けるTHE ENDストーリー?のページです。GJは、スポーツ、ベルギーポーランド日本の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!