NEW

サッカー日本決勝T進出「パス批判」連中の貧しさ......結果を素直に喜べない「嫉妬」はもはや病理

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー日本決勝T進出「批判」連中の貧しさ......素直に喜べない「嫉妬」はもはや病理の画像1


 所詮大事なのは「結果」だ。

28日に開催されたW杯日本対ポーランドは0-1でポーランドの勝利。同グループのコロンビア対セネガルは1-0でコロンビアが勝利し、勝ち点も得失点差も総得点も同じで直接対決も引き分け、その上で「フェアプレー」ということで日本が1枚イエローカードが少なかったということで決勝トーナメント2位通過が決まった。

 試合残り10分、この「状況」を伝えるべく西野朗監督は長谷部を投入し、選手に共有。このまま「パス回し」をとる作戦を打ち出した。会場はブーイングの嵐の中、セネガルが追いつかないことだけを祈った。結果的にセネガルはゴールを割れず。日本の通過が決まった。

 この結果に対し「おめでとう」「よくがんばった」「ブーイングも試練」など好意的な意見が多い一方で「モヤモヤする」「素直に喜べない」「攻めてほしかった」「やり方に問題があった」「コロンビアのおかげ」と不満を口にする声もあった。「セネガル1点取れ」と、パス回しする日本に怒りを露わにし、必死に攻めるセネガルを応援する声も多くある。

 ただ、今回の日本代表に対し否定的な意見の人は、何を求めていたのか不透明である。試合の「中身」を批判する声があるが「決勝T進出」をまずは喜んでもいいのではないか。

どうやら「攻めて、勝って決勝トーナメントが見たかった」という意見が多いようだ。パス回しをする「他力本願」を嫌った部分もあるだろう。

サッカー日本決勝T進出「パス批判」連中の貧しさ......結果を素直に喜べない「嫉妬」はもはや病理のページです。GJは、スポーツ、コロンビア日本決勝Tの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!