NEW

新規則パチンコ驚愕の「設定差2倍」!? 「安定感」か「爆裂」超変則スペックに熱視線!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新規則パチンコ驚愕の「設定差2倍」!? 「安定感」か「爆裂」超変則スペックに熱視線!!の画像1

 先日SANKYOから発表された、新規則機"第一弾"で設定付き"初"となる『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW』。発表以前からさまざまな憶測が飛び交っていた本機だが......ついにスペック面の全貌が明らかになった。

 スペックはリミッター搭載の転落タイプ。大当り確率は1/159.8(設定1)~1/119.2(設定6)で確変突入率は100%という、仕様となっている。

 基本的なゲーム性は前作を踏襲し、時短内で大当りさせることが本機最大の見せ場。見事引くことができれば、電サポ100回転が保証される「革命RUSH」に突入する。転落もしくはリミッターに達成するまで継続。「いかに100回転以内で連チャンさせられるか」が、出玉増加にかかわる大きなポイントだ。

 また、本機の出玉率は最高設定で120%を超える模様。ついに「パチンコで設定を狙う時代がきたのか」と、パチスロユーザーからの関心度も高い。

 そんな「設定付きパチンコ」は他メーカーからも続々と発表されている。かつて絶大な人気を集めたニューギンの代名詞『ミルキーバー』は甘デジスペックで登場予定。

 名物メーカー・高尾からは、人気漫画『カイジ』で登場した"人食い沼"を連想させるタイトル『P 沼A』が先日検定を通過した。一部では原作さながらの"3段クルーン"を搭載したスペックと言われており、パチンコ・原作ファンのモチベーションは最高潮に達している状況だ。

 さらに、先日導入された『CR弾球黙示録カイジ HIGH&LOW』の"新規則機ver"も検定を通過。現行機『カイジ』といえば、小当りRUSH中の性能で大きな波紋を呼んだばかり。ある意味新規則機にも注目が集まっているが......。

 その関心はさらに高まりそうな気配だ。遊技機販社『ファイブ・プランニング』が気になるスペック面に関して発表。驚愕の「設定スペック」が大きな話題となっている。

「発表されたスペックによれば、新規則『カイジ』は3段階設定になっており、注目すべき点は設定ごとの"大当り確率"です。

最低設定は約1/199、最高設定は約1/99と2倍以上の設定差が付いているんですよ。また、確変中の大当り確率は約1/110~1/55と高設定の方が甘くなっているようですね。設定の高低はすぐに把握できるでしょう」(記者)

新規則パチンコ驚愕の「設定差2倍」!? 「安定感」か「爆裂」超変則スペックに熱視線!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ新基準設定付きの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!