サトノダイヤモンド(牡4歳)

サトノダイヤモンド
生年月日
2013年1月30日
馬主
里見治
調教師
池江泰寿(栗東)
生産者
ノーザンファーム
近親馬
リナーテ
主な勝鞍

2016 有馬記念(G1)
2016 菊花賞(G1)
2016 神戸新聞杯(G2)
2016 きさらぎ賞(G3)

関連する馬・騎手
血統
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
マルペンサ Orpen Lure
Bonita Francita
Marsella サザンヘイロー
Riviere
解説

2013年のセレクトセールで「サトノ」の冠号でお馴染みの里見治氏が2億3,000万円(税込2億4,150万円)という超高額で落札したため、当歳から話題を集めていた超良血馬。これまでは、毎年恒例の里見氏のパフォーマンスとして競馬ファンには笑いの種でしかなかったが、この馬はまったく笑えないほど強い。

里見氏がようやく掴んだ金額相当の実力馬であり、ずっとG1を勝てなかった「呪い」を解いた救世主でもある。母マルペンサはアルゼンチンのG1を3勝している名牝。

単勝1.6倍で迎えたデビュー戦を快勝すると、次走の条件戦ではクィーンズベスト、ナムラシングン、マイネルハニーといった後のオープン級の馬をまったく寄せ付けずに連勝。デビュー戦で負かしたロイカバードとの「2億円馬対決」を再び制してG3のきさらぎ賞で3連勝を飾った際は、早くも「世代No.1」の呼び声が上がった。

しかし、その後の皐月賞(G1)では不利を受けて3着、日本ダービー(G1)でもマカヒキに及ばず2着と無冠で春を終える。秋は神戸新聞杯(G2)を快勝し、1番人気で挑んだ菊花賞(G1)を快勝。サトノ軍団に初のG1制覇をもたらした。来年は凱旋門賞に挑戦するらしい。