武豊

武豊
生年月日
1969年3月15日
身長
170.0cm
血液型
O型
星座
うお座
所属
関西(栗東)
受賞歴
最多勝利新人騎手(87) 最多勝利騎手(89,90,92,93,94,95,96,97,98,99,00,02,03,04,05,06,07,08) 最多賞金獲得騎手(89,90,93,95,96,97,98,99,00,02,03,04,05,06,07,09) 最高勝率騎手(94,97,98,99,00,02,03,04,05,06,08) 騎手大賞(97,98,99,00,02,03,04,05,06) ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー(05) 他多数
主な勝鞍

皐月賞(93,00,05)
日本ダービー(98,99,02,05,13)
菊花賞(88,96,00,05)
天皇賞・春(89,90,91,92,99,06,16)
天皇賞・秋(89,97,99,07,08)
ジャパンC(99,06,10,16)
宝塚記念(89,93,97,05)
有馬記念(90,06)
他多数

関連する馬・騎手
解説

言わずと知れた競馬の第一人者。その知名度は並の芸能人を遥かにしのぐ有名人で、日本競馬で唯一、競馬の領域を超えている人物ともいえるだろう。

2016年に他界した父は現役時代「魔術師」と呼ばれた名騎手。三男として生まれ、四男の幸四郎も騎手だったが、調教師に転身することとなった。

1987年のデビュー年に、いきなり新人最多勝の歴代記録を塗り替えた武豊騎手。そこから数え切れないほどの記録という記録を塗り替え続け、今では数多くの記録が彼だけに達成できた「前人未踏の記録」となっている。

ただ、この天才騎手が競馬界の枠を大きく飛び越えた不出世の存在に昇華したのは、ただ馬乗りが上手いだけでなく、トークがユーモアとセンスに溢れているからだ。

簡潔に述べれば、どういうことを話せば周りが喜ぶかを熟知しており、芸能人でも珍しい「スターの中のスター」の資質を持っている。この天才騎手の後継者を作ることが、長年の日本競馬界の最大の課題となっていると述べても過言ではない。

これまでG1を100勝以上しており、数多くの名馬に跨ってきたが、最も有名なのは2005年の三冠馬ディープインパクトとのコンビだ。第3次競馬ブームを巻き起こし、当時は大変な騒ぎになった。

翌年の春の天皇賞を勝った際、ディープインパクトに対して「これ以上、強い馬がいるのか」と発言したことが有名だが、その年の凱旋門賞であっさりと敗れた。今はそのリベンジを果たす相棒を探すことが、現役へのモチベーションの一つになっているようだ。

ただ「受賞歴」をご覧いただければわかるように2010年に大きな落馬事故に遭い、一時は引退説まで流れるほど追い込まれた時期があった。最近は低迷期を脱した感があるが、全盛期の驚異的な勢いがないことは確かだ。

武豊騎手がムチを置く日が、ある意味で日本競馬の最後の日。それくらい大きな存在であり、日本競馬はそれくらい武豊騎手に依存し続けている。