メジャーエンブレム(牡4歳)

メジャーエンブレム
生年月日
2013年3月26日
馬主
サンデーレーシング
調教師
田村康仁 (美浦)
生産者
ノーザンファーム
近親馬
メジャーステップ、メジャープレゼンス
JRA賞
最優秀2歳牝馬(2015)
主な勝鞍

2015 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
2016 NHKマイルC(G1)
2016 クイーンC(G3)

関連する馬・騎手
血統
ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ ノーザンテースト
スカーレットインク
キャッチータイトル オペラハウス Sadler's Wells
Colorspin
タイトルド Rainbow Quest
Her Ladyship
解説

圧倒的なスピードを有するS級マイラー。そのあまりの強さに桜花賞(G1)で負けた際はC.ルメール騎手に批判が殺到。いつもは称賛されていたルメール騎手も、フランスと異なりギャンブルとして競馬を扱う日本競馬の"怖さ"を痛感したのではないだろうか。

2歳6月にデビュー戦を快勝すると、一息入ったアスター賞(500万下)も2馬身1/2の差をつけてあっさりと連勝。アルテミスS(G3)では1番人気に推されたものの、デンコウアンジュの強襲に遭って2着だった。

しかし、ハイラップで逃げ粘った走りは、負けてなお強し。続く阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)でも1番人気に支持されて堂々のG1初制覇。その年の最優秀2歳牝馬に輝いている。

3歳になるとますます凄みを増し、クイーンC(G3)では単勝1.3倍の人気に応えて5馬身差の圧勝。現代版テスコガビーのように扱われ、女王として確固たる評価を得た。だが、そうして迎えた桜花賞では単勝1.5倍と圧倒的な人気を集めるも、いつもの積極的な競馬をせずに4着敗退。主戦のルメール騎手には大きな批判が集まった。

巻き返したい陣営はオークスではなく、適距離を重視してNHKマイルC(G1)を選択。その決断が功を奏し、ロードクエストの猛追をしのいで2つ目のG1タイトルを手にした。

秋は秋華賞(G1)を目指して紫苑S(G3)からの始動が予定されていたが、左後肢の半腱半膜様筋に痛みを感じて休養を発表。復帰のメドは立っていない。