>   > 政投銀と革新機構、東芝半導体への応札見送り “日米同盟”で技術流出の阻止狙う
NEW

政投銀と革新機構、東芝半導体への応札見送り “日米同盟”で技術流出の阻止狙う

 日本政策投資銀行と官民ファンドの産業革新機構は28日、経営再建中の東芝が分社化して設立する半導体新会社「東芝メモリ」の入札に参加しないことを決めた。29日に出そろう応札企業の顔ぶれや出資額を見極めた上で、日本の安全保障の重要パートナーである米国の企業と共同出資する案を軸に検討を進める。“日米同盟”で東芝を支援し、半導体技術の海外流出に一定の歯止めをかけることができるかが焦点となる。

 東芝メモリの入札は29日に受け付けを締め切り、海外から10陣営程度の参加が見込まれる。米国からは、東芝と四日市工場(三重県四日市市)を共同運営する半導体大手ウエスタンデジタル(WD)やマイクロン・テクノロジー、ファンドのシルバーレイク・パートナーズやベインキャピタルが応札する見通し。

 このほか、台湾からも電子機器受託製造サービス(EMS)大手の鴻海(ホンハイ)精密工業、半導体受託製造大手の台湾積体電路製造(TSMC)が応札する意向だが、鴻海の郭台銘会長は中国本土の指導部ともパイプを持ち、東芝の半導体技術が流出する懸念が政府や経済界では強い。

 東芝の綱川智社長は14日の会見で「半導体は国の安全なども関係するので、それを意識して相手先を選ぶ」と明言。東芝の社外取締役を務める経済同友会の小林喜光代表幹事も28日の会見で「米国の会社と今までも提携しているのだから、そこでブロックしていくべきだ」と、WDなど米企業への東芝メモリ株売却が妥当との見解を示した。

Business Journal 最新記事New Topics
識者のブログ記事一覧Business Blog
編集部オススメ記事

【Nintendo Switchに学ぶ】既存市場で成功する発想法

働き始める貴女に送る、人生100年時代の会社の歩き方

LCC成長の裏に隠された国内大手の寡占化戦略

東芝1兆円の大赤字から考える、中小企業破綻のリアル

日本マクドナルドがクォーターパウンダーの販売を終了するのは、当たり前

定着したらどうなるか?まだ時間が必要な「プレミアムフライデー」

このままでは、日本社会は「高齢者労働工場」になるのか

銀行が東芝を支える理由を考える

労働時間対策の手厚さを見て思う、それができる会社とできない会社の格差拡大の心配

大学教育は無駄だが職業教育は重要だ

ライザップはなぜ平凡なビジネスで大儲けできるのか?

「在宅勤務禁止」は時代錯誤か、必然か

大学の誕生と死

現実を正見できない黒田総裁が一蹴した「シムズ理論」

「平等に貧しくなろう」という上野千鶴子氏の意見が正し過ぎる件について。

その報告書や社内資料は本当に必要なのか?

保育園の手作りバッグ強制と、長時間労働の共通点

8時間で帰れる、暮らせるワークルールの作り方

スターバックスコーヒーはドトールに負けたのか?「顧客満足度」の不都合な真実

「彼は休まずに頑張っている」と評価する職業観に思うこと