>   > 営業利益過去最高、857億円 ニトリ2月期、都市部の新店が好調
NEW

営業利益過去最高、857億円 ニトリ2月期、都市部の新店が好調

営業利益過去最高、857億円 ニトリ2月期、都市部の新店が好調
「タカシマヤタイムズスクエア」に昨年、オープンした「ニトリ」の店舗=東京都渋谷区

 ニトリホールディングス(HD)が28日発表した2017年2月期の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比17.4%増の857億円となり、過去最高益だった。都市部に出店した新店舗が好調で、売上高も12.0%増の5129億円と、30期連続で増収増益だった。

 昨年12月の新宿タカシマヤタイムズスクエア店(東京都渋谷区)など都市部に相次ぎ出店し、「売り上げが好調に推移した」(武田史紀・財務経理部ゼネラルマネジャー)という。店舗数は前期末から51店舗増え、471店。また、冷感機能を持った寝具など高機能品の売り上げが堅調で、既存店売上高も5.5%増えた。複数商品で原材料の共通化を進めるなどコスト削減も奏功し、最終利益は27.7%増の599億円と、18期連続のプラスだった。

 一方、18年2月期の連結業績予想は、売上高が10.7%増の5680億円を見込む。都市部を中心に61店舗増やし、期末の店舗数は532店舗を計画。引き続きコスト削減にも取り組み、営業利益は15.4%増の990億円、最終利益は14.2%増の685億円をそれぞれ予想する。

Business Journal 最新記事New Topics
識者のブログ記事一覧Business Blog
編集部オススメ記事

【Nintendo Switchに学ぶ】既存市場で成功する発想法

働き始める貴女に送る、人生100年時代の会社の歩き方

LCC成長の裏に隠された国内大手の寡占化戦略

東芝1兆円の大赤字から考える、中小企業破綻のリアル

日本マクドナルドがクォーターパウンダーの販売を終了するのは、当たり前

定着したらどうなるか?まだ時間が必要な「プレミアムフライデー」

このままでは、日本社会は「高齢者労働工場」になるのか

銀行が東芝を支える理由を考える

労働時間対策の手厚さを見て思う、それができる会社とできない会社の格差拡大の心配

大学教育は無駄だが職業教育は重要だ

ライザップはなぜ平凡なビジネスで大儲けできるのか?

「在宅勤務禁止」は時代錯誤か、必然か

大学の誕生と死

現実を正見できない黒田総裁が一蹴した「シムズ理論」

「平等に貧しくなろう」という上野千鶴子氏の意見が正し過ぎる件について。

その報告書や社内資料は本当に必要なのか?

保育園の手作りバッグ強制と、長時間労働の共通点

8時間で帰れる、暮らせるワークルールの作り方

スターバックスコーヒーはドトールに負けたのか?「顧客満足度」の不都合な真実

「彼は休まずに頑張っている」と評価する職業観に思うこと