NEW
話題の本『私、社長ではなくなりました。』安田佳生氏インタビュー

高額給与は社員のためにならず…倒産した元人気企業社長の告白

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安田 新卒採用した社員は、いい大学からワイキューブのビジョンに人生をかけて入社してきてくれた。かわいい社員が優先で、株主(役員)の利益は二の次、上場する気もまったくありませんでした。出た利益はすべて社員に還元する、そうすれば優秀な人材が集まるし、お客さんへのサービスが向上するはず。「社員の給与を上げるためには、どういったビジネスモデル、商品・サービスを開発すればいいのか?」というのが、会社が成長するための発想のスタート地点でした。ですが、過度に高い平均給与は、短期的には社員のためにもなったでしょうが、長期的に見ればそうはならなかった。「人材育成」に関しては、反省しています。

――安田さんがもう1回社長になるとすると、ワイキューブで得た教訓をどのように生かせるでしょうか?

安田 私は社長と社員の間に線を引くことができない人間です。しかしワイキューブで、社長は社員との間になんらかの線を引かないと、会社が機能していかないということがわかったので、もう社長をやる気はありません。この本は、私の同社時代のピリオドのような本です。同社のすべてを振り返り、次の人生に進むための、折り返し地点といった位置付けです。「ワイキューブ元社長がこの本を書いたのは、再び会社を立ち上げて社長になるためだ」と誤解している方も多いようですが、そういう方々が、今から10年経って「そういえばあの時、安田が『私、社長では〜』を出したのは、同社時代へのピリオドのためだったのか」とわかってくれれば良いと思っています。

――安田さんの、今後の取り組みを教えてください。

安田 社長でなくなって考えたのは、今までは社長という立場があったので抑えていたことが多かったのですが、これからはそれを取っ払って生きていこうと。これまではB to Bのビジネスだったので、これからはC to C、自分で作品をつくって、直接皆さんに聞いていただくビジネスをやろうと。路上詩人や4コマ漫画家のようなイメージで、社会のなかで「境目研究家」という地位を確立しようと考えています。例えば、会社では偉くもないのに雇う側、雇われる側という「境目」があった。この境目とは何だろうと。「合法」か「違法かの境目が重要であることは言うまでもありません。法律が変わるとき、すなわち合法と違法の境目が変わるときは、大きなビジネスチャンスが生まれますよね。では「友人」と「親友」との境目とは? 「天才」と「凡人」の境目とは? そういった境目を研究する境目研究家として、今ではホームページ上で『さかいめ日記』(http://yasudayoshio.com/)を更新しています。これをまとめて次の本にしたいですね。

 ほかにも安田氏は、中小企業の人材の能力と知恵をシェアする仕組み、「中小企業共和国」なるものも企画中だという。これまでは発注する側、される側の関係だったために言いにくかった、中小企業への辛辣な提言も行っていく予定だという。

●安田佳生(やすだ・よしお)
1965年、大阪府生まれ。高校卒業後渡米し、オレゴン州立大学で生物学を専攻。帰国後リクルート社を経て、90年ワイキューブを設立。著書も多く、06年に刊行した『千円札は拾うな。』(サンマーク出版)は33万部超のベストセラーとなった。現在、ウェブサイト『さかいめ日記』(http://yasudayoshio.com/)を更新中。
(文=松井克明/CFP)

高額給与は社員のためにならず…倒産した元人気企業社長の告白のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事