NEW

「新経連発足」と楽天の世界進出を読む6本

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凄絶!楽天の「英語公用語化」 - ダイヤモンド・オンライン(2月27日)


 世界進出のために大きく立ちはだかるのが言葉の壁。これまで楽天が推し進めてきた英語公用語化が全社員に適応されることとなった。当初は会議の長時間化や業務の非効率化など、さまざまな弊害を招いたものの、この取組が浸透していくにつれそんなデメリットも影を潜めるようになった。現在、楽天は日本以外の9ヵ国に展開しており、社員に占める外国人の比率は10%。将来的には、27ヵ国に進出し、売上高の7割を海外で得る稼ぐ計画を立てており、全社的な情報共有に英語は欠かせない。


 この動きに追従しようと、電子部品メーカーのSMKやファーストリテイリングも英語公用語化を計画中。もしかしたら、英語が話せなければ就職できないなんていう世の中になってしまうかもしれない......。

「新経連発足」と楽天の世界進出を読む6本のページです。ビジネスジャーナルは、ニュースナビ、アマゾン新経連楽天の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事