NEW
アップル元代表・山元賢治「Go Global,Go West vol.4」

アップル元代表、貧乏アジア弾丸ツアーにハマる?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安チケットというルール

 そのためには、これまでの社長時代のようにビジネスクラスやファーストクラスでのフライトはあり得ないことで、途中変更権限なしの格安エコノミーチケットで飛ぶというルールを決めました。

 また現地では、私の大好きなゴルフはしない。観光地に行く時間があれば、代わりに現地企業を訪問するというルールも決めました。これまでのビジネス出張では、なんとかゴルフを1ラウンドだけでも消化しようと懸命にスケジュール調整していたのが、嘘のようです(笑)。旅行代理店のようなサービスにも一切頼らないと決めました。

 努力目標として、可能な限り一人旅、現地には暗くなってから到着して、不安を感じながらホテルまで移動する。空港で寄ってくる片言の英語を話すタクシーの運転手には騙されてみる、というルールもつくりました。

あえて騙されてみる

 現地語を話せない自分には、英語を話すドライバーが善人に見えてしまいます。結果としては、5倍以上のタクシー代金を払わされていたとしても、それも勉強です。命まではとられないと思っています。もちろん、命の危険と引き換えに、大金を要求されるということも実際にはあるようですが……。

 可能な限り多くの現地の企業家、日本人の起業家とアポをとっておく。急速に成長している現地で苦労している方々のお話は、本当に勉強になります。

 「自分だったらどうしただろうか?」
 「これからでも間に合うビジネス展開とは?」
 「どんな産業で、どんな仕事だろうか?」
 「若者に現地で働くチャンスを与えるとしたら、どんな仕事をどんな立場で、どれくらいの期間だろうか?」
 「どんな達成感を体験させてあげられるだろうか?」

などなど、学ぶべきことは無限大です。

『外資で結果を出せる人 出せない人』 元外資系トップが語るキャリアの現実 amazon_associate_logo.jpg

アップル元代表、貧乏アジア弾丸ツアーにハマる?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事