NEW
シリアルアントレプレナー・小川浩「Into The Real vol.4」

なぜあのベンチャーは、スタバから高額出資を受けられたのか?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既存勢力と折り合いをつけて成長する

 以前のコラムで僕は、日本の若い起業家の中には、数百万円のエンジェル投資を成功させたことで満足してしまい、シリーズAやその先の出口戦略への執着が薄い人が多いことを嘆いたが、それはまるで昔の日本の受験生が厳しい受験戦争を勝ち抜き、大学に入った後は「誰でも卒業できるから」と、勉学をさぼってしまいがちだった模様に似ている。米国の大学は、逆に入ることは易しいが、学業には相当の時間を割かねば卒業できない。そしてまた、今の日本の大学は卒業したとしても就職難という次のキャズムが待っているようになった。どの道を行こうが、もはや楽な道はないということか。

 いずれにしても、起業資金を得るために燃え尽きていては、その先のキャズムを乗り越えられず、せっかくの起業の真の醍醐味を味わえない。同様の規模のスタートアップと交流するのではなく、目線を高く、強大な勢力へと成長しつつある“本場の”スタートアップをライバル視することから始めないとならないのだろう。

 Squareは既存のクレジットカード(VISAと資本提携)と中小企業や個人事業主をうまく結びつけることで、既成勢力との折り合いをうまくつけつつ成長する道を選んできた。そしてまた、スターバックスという知名度抜群の消費者ブランドからの出資を仰ぐことにも成功した。

 ネット上に彼らのニュースは溢れているから、ぜひ研究してみたらどうか?

 そのやり方は、非常にディプロマティック(非常に洗練された交渉術)で参考になるはずだ。

●小川浩(おがわ・ひろ)
シリアルアントレプレナー。著書に『ビジネスブログブック』シリーズ(毎日コミュニケーションズ)、『Web2.0BOOK』(インプレス)、『仕事で使える!「Twitter」超入門』(青春出版社)、『ソーシャルメディアマーケティング』(ソフトバンククリエイティブ/共著)などがある。

twitter:http://www.twitter.com/ogawakazuhiro
facebook:http://www.facebook.com/ogawakazuhiro

なぜあのベンチャーは、スタバから高額出資を受けられたのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、Into The Realベンチャー企業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事