NEW
幸運を呼ぶミラクルコンサルタント・田中雅子「ゼロからのリーダー学」第7回

面接で「採用したい」と思わせる学生の9割が女性?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「グッドジョブ」

 本当に成果を上げたと評価できる時に、そのように声をかけてあげてみてください。

 この「グッドジョブ」により、上司は、部下に「グッドジョブ」の基準を気付かせてあげなくてはいけないのです。登山の時にサポートするように、一緒に山を登ってあげて、ルートや休憩地点を共にしてグッドジョブを経験させてあげる。そうしないと、今の若い人たちは、いい素材をもっていても育たないのです。

 どんなスポーツでも、「一生懸命練習しましたが、勝てませんでした」といわれても負けは負けです。しかし、勝つ方法がわかると、一生懸命やっても勝てなかったということの本質がわかって、今度は勝つための成果を出すようになっていくんです。頑張り方がわかってくるのです。

 一方、言語道断な行為をした場合には、「バカモノ」と声をかけてあげましょう。これもやってはいけない明確な基準、言語道断な行為を教える有効なキーワードなのです。ただし言い方次第ではパワハラになってしまうので、絶対に気をつけてください!要は、仕事のデキ具合を明確に示してあげるということなのです。

 私もかつて上司から「それはダメですよ、田中さん!」とか、「これ、なかなかいいじゃないか!」と言われてきました。直接明確に言われることで、はじめて「このやり方はダメなんだ……」とか「これでいいのか!」といった、仕事のすすめ方やレベルがわかっていったのだと思います。

 オヤジマネジメントはもう古いのです。「俺の背中をみては育たない」。だからこそ、仕事のデキ具合やレベルをしっかりと明確に示してあげられるか否か、それが今のリーダーに求められている資質なのです。

●田中雅子(たなか・まさこ)
大学院在学中に、窮地に追い込まれた家業をいきなり継ぐことになり、稼ぐために外資系企業に入社。1年で部長に上り詰め、ファーストリテイリング(ユニクロ)に転じる。その後、一部上場企業執行役員、子会社社長を経て、独立。現在は、田中総研代表として、経営コンサルティングや企業研修、講演、執筆、テレビコメンテーターなど幅広く活動している、いま注目の経営コンサルタント。

「20代で知っておきたい『仕事の基本』」
(学研マーケティング/田中雅子氏)

面接で「採用したい」と思わせる学生の9割が女性?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事